鉄血のオルフェンズ感想第40話

シャドバでマスターになったらデイリーくらいしかやる必要がなくなって非常に気楽。
あんな争いはもうこりごり……
というわけで、今回のガンダム。


ヤクザの内部抗争によってタービンズがピンチだ。
そして、イオク様は余計なことに本気を出す。
お前の本気は出さんでいい。
余計なことをしてタービンズの女性たちが大ピンチだからヘイトがヤバい。

イオク様は白旗を無視している。
軍規を無視しては軍隊失格だと思うのですが……
こういう時に異を唱える部下がいないのがイオク様の人脈だろうか。
まさに環境が生んだ化け物である。
イオク様が死ねば鉄血世界は平和になる気がしてならない。

この時に昭弘たちが助けに来てくれる。
昭弘が! 活躍してる!
いや、地味な活躍だけど。
あとジュリエッタが新型に乗っているくせにいまいち活躍していない辺り、この世界のパワーバランスは機体に寄っていないことがわかる。
三日月にはメチャクチャ寄っているけど。

イオク様のせいで名瀬死す。
敵味方に余計な被害が出たのもイオク様のせい。
ヤクザの報復は怖いぞ、イオク様……
むしろ、イオク様が心配になるような惨劇の方が欲しいかも。
MAの時もまったく死ぬ気配を見せなかったし、どれほどの災厄ならばイオク様はヤバくなることやら……