鉄血のオルフェンズ感想第48話

今更だけど終末のイゼッタの薄い本が想像以上に少なくて不満です。
というわけでオルガが死んだガンダム。


鉄華団、逃げ出すための準備を開始だ!
あ、直接戦闘するわけじゃないんだ。
最終回近いのに……

だから俺が出るとマクギリスが単騎で突進だ。
正直、君の強さに対する信頼はわりと地の底に着いているのだが……
対してイオク様は身を挺して戦端を開く。
なお、かろうじて死ななかった模様。
災いを呼ぶからちゃんと爆発するまですり潰さないと不味いぞ。

イオク様は成長しているようで成長していない。
一族の長が特攻はいかんだろう。
殊勝な態度は取っているけど、どうもズレているのだった。
でも、災いを呼ぶからちゃんと爆発するまですり潰さないと不味いぞ(2回目)

一方、今回はサボった三日月はクーデリアとアトラにキスされていました。
何かすっかりハーレム結成だな、アンタら。
クーデリアはすっかりその気だ。
SAGAれよ。

四面楚歌の鉄華団だが、今までに築いた人脈で希望が見える。
ドンパチばかりやってきたが、それで救われた人間もいるのだ。
火星の王なんて大きな目標よりもこうした小さな幸せを守るべきだったかもしれない。
本当に大切な物はすぐ側にあるのだというよくあるアレですね。

そういうのに気付いた時には手遅れなのもよくあるアレなので、謎の暗殺者集団にオルガは殺される。
MS、いらねえ。
暗殺者をラスタルに差し向ければ鉄華団の勝利になるんじゃないかと疑わんばかりに呆気ない死だった。
いや、ラスタルは宇宙から動いていないから暗殺は不可能か。
ホームグラウンドの火星は地上なので暗殺が可能になるという不運である。

オルガが死んだ時、三日月はどうするのか。
今まで共依存の関係だったが一児の父(予定)だ。
オルガに依存してもいられないし、ここで自分の意志で歩き出す時が来たのかもしれない。
あと数話しか猶予がないけど。
……第2の生き甲斐となるクーデリアとアトラが側にいないし大丈夫かなー。