艦これ2017春イベ

最近はけっこう高いモチベーションで艦これやってます。
というわけで恒例のイベントレポート。




まず、初手はケッコン艦自慢。
実に39人。まぁ、4年はやったしな!
小生のケッコンする基準としてはまずは実用性。次に好みかどうか。
好みでも実用性が微妙だと悲しいかな、ケッコンに至らない。
これが強機体厨である。サンドロック大好き。
まぁ、逆に実用性があっても好みじゃなければけっこう渋るのですが。
例えば隼鷹なんかは実用性は文句なしだけど、まったく股間に響かないので未ケッコン。



そんな中で堂々の実用性オンリーでケッコンしたのが阿武隈。
見ての通り、運も49まで上げている。
だ、だって、強いんだもん……
せめて巨乳なら良かったんだがな!


・E-1


E-1恒例の対潜マップ。
ストレートクリアとは行かなかったが楽勝。
後々、五十鈴に出番があると思って、偶然通りすがった阿賀野に任せたが、五十鈴の出番はなかった。


・E-2
ここからドロップに新艦が出てくる。
前回は藤波掘りに実に108回もの出撃を要した。
今回もそうなるんじゃないかと戦々恐々とした。



そうしたら1発で出た。
フン、雑魚が!



攻略は輸送作戦はこちら。
阿武隈と加賀さんはこんなこともあろうかと用意しておいた2隻目。
阿武隈はともかく、加賀さんは大分活躍した。



ボス戦はこちら。
ラスダンがキツいキツいと言われているが、2回の挑戦で突破できたので運が良かった。
カットイン装備+決戦支援でサクッと攻略するのがいいかと。


・E-3


勢いに任せて攻略しながらの掘りを決意。
攻略中はまだE-4以降の情報がなかったので駆逐艦は大発動艇を詰める艦を出し惜しんだが、結論からすると出し惜しむ必要はなかった。
悲しい。
とはいえ、別段難度は高くないので出し惜しんでも問題なかった。



ボス戦はこちら。
E-4以降の情報が出たので一気に豪華にした。
微妙に出し惜しんではいるけど。
そして、出し惜しむ意味があまりなかった。





さらに攻略中に新艦がどちらも出るという爆運を見せる。
フン、雑魚が!


・E-4


E-5までの情報が出たので完全に手加減なし。
というわけでオールケッコン艦で空母だらけ編成。
これが凄まじく楽。
どんどんと敵が溶けていくので爽快感もある。オススメ。
ボーキも溶けるがどうせ普段はあまり消費しないし、小生も-7000で済んだし痛手にはならない。
ただし、潜水艦が開幕対潜で殺される可能性が高いので道中支援推奨。



そして、ラスダン終了と同時にドロップ。
これにて新ドロップ艦は全て揃う。
4人もいると聞いて戦々恐々としたのだが、結論から言えばノンストップだった
ドロップ率はかなり高めに設定されている?
と思って調べてみたら(A勝利でドロップするケースが多いとはいえ)いつものと変わらないみたいなので単純に運が良かっただけでした。


・E-5


さすがに最終海域だけあって苦戦する。
とはいえ、無理ゲーというほどではない感じ。
全体を通して見ても難易度的には有情な方かと。
去年はキツかったなぁ……

途中までは楽勝だがラスダンは苦戦する。
そこで艦爆特攻があると聞いて艦爆オンリーにしたら1発クリア。
対爆オススメ?
まぁ、艦攻がソカスに迎撃されまくって熟練度が落ちちゃっていたので、新品の艦爆に変えたら熟練度の差で火力が出たというオチかも。
なお、決着の瞬間はシャドバを横でやっていたので見逃しました。
クソが!



資材推移。
近年としては消費が少なかった。
次のイベントまでにはボーキ以外カンストさせられるかも。
やったぜ。

今回のイベントの所感としては全体的に難度は緩やかながら、E-5は歯応えがあった。
かといって明らかに無理ゲーもなかったので、全体的に上手くまとまっていたかと。
一方で刺激がちょっと足りなかったのも事実。
そういう意味では大人しいイベントだったかも。
別に難度を上げろというわけではないけど、もうちょっと尖った部分は欲しかった。

まぁ、そう感じるのもわりとがっつりと準備したからかも。
艦これの楽しさはイベントに向けての準備と最適化にあると思う。
そういう意味では今回のイベントは準備がしっかりと生きて楽にクリアできたのは計算通りと言える。
なお、今回のために急遽育てた多摩と不知火は出番がなかった。
あと戦力として期待して準備した2人目の鈴谷は出番はあったが必要はなかった。
運を50にした夕立が延々と支援を行っていたのも悲しかった。
ま、まぁ、余剰戦力だけでどうにかなったのは成功ということでひとつ……