戦姫絶唱シンフォギアAXZ EPISODE02予告

今日はシンフォギア名物謎ポエム更新日!
伴って用語集なども更新された。
AXZは毎週金曜18時に更新するらしい。
放送ペースの関係で慌ただしかったGXと違って余裕のある感じだ。


一瞬を、永遠に変えるとキミが誓う。

だから傷みに涙しても、拭って払い前に進もう。

この絆こそが旋律――歌に束ねて空にぶち抜く。


EPISODE02 ラストリゾート

正義を執行する刹那、銃爪に掛けた指が震える。

迷いながらもがきながら、それでもまだあきらめたくない。


F.I.S.装者が痛い目を見そうじゃないですか、ヤダー!
まぁ、いつものことですな。
F.I.S.装者は序盤痛い目を見て終盤で盛り返していくスタイル。
リーダー格のマリアさん同様にスロースターターである。

サブタイトルのラストリゾートはかつてSNKがネオジオで発売したゲームのタイトルでもある。
金子のおっさん、やっていそう。
駄菓子屋にネオジオの筐体(正確にはMVS筐体)が置いていた時代の人間だしやっていそう。

スクショで目を引くのはマリアさんとエルフナイン。
恥ずかしい思いをしているようで。
AXZでも活躍と癒やしを担う気でいる。
でも、身体はキャロルだからいつ変な言葉を使い出すことか……使い出してください……
あと生きる薄い本のカリオストロが頬に絆創膏を貼っている。
怪我をしたのか?
意外とアナログなんだな、錬金術士。

恒例の用語集も更新。
特筆すべきは以下の項目か。

・LiNKER
「新たにLiNKERを開発できる異能の科学者は存在せず、model_Kもまた、訓練と実戦の中に少しずつ消費されていくばかりの状況」とのこと。
LiNKER不足はじょじょに消費されていった結果のようだ。
実戦は当たり前だけど訓練でも消費されるようだ。
つまり、訓練ばかりのXDではLiNKERがマッハで……いや、言うまい。
XDではF.I.S.の面々が「LiNKERはないけど訓練なら大丈夫」みたいな趣旨の台詞はあったんですけどね。
あれはLiNKERなしのシンフォギアはキツいけど、ヤバくなったらすぐに解除できるから大丈夫という意味だった?

・ウェル博士の遺したチップ
「幾重にも施された厳重なプロテクトの向こうには、新たなLiNKERを開発・製造するためのレシピが収められていた」とのこと。
愛ですよ! 本当に愛でしたよ!
何かいきなり核心に触れてきましたな。
こういう部分をシンフォギアは本当に引っ張らない。
アガートラームだってすぐに復活して鎧いますよ。

一方で「LiNKER製造のレシピの大部分が解析されているが、それでも中核をなす要素が不明なままであり、いまだLiNKER完成には至っていない」とLiNKER量産の道はまだのようだ。
LiNKERのレシピ解明でまた一悶着あるのだろうか。
中核を為す要素も気になるところ。
……愛か?

・パヴァリア光明結社
構成員の多くが錬金術士のようだ。
恐ろしい組織である。
まぁ、こういうのって量産されると逆に弱くなるんですけどね。
メタルクウラとか。

創始者の「アダム・ヴァイスハウプト」は実在の人物というか、現実世界のパヴァリア光明結社の創始者である。
なお、1776年に実際のパヴァリア光明結社は作られていると言われている。
シンフォギア世界のパヴァリア光明世界も同じ時期に作られたとしたら、数百年生きていることになる。
錬金術を使うのならおかしくもないし、数百年を生きたキャロルと関係を持っているのならなおさらおかしくない。

・アルカ・ノイズ
元々、パヴァリア光明結社がそのレシピを保有していたようだ。
キャロルがそのレシピを作ったのか、あるいはキャロルがパヴァリア光明結社からレシピの提供を受けたのかは不明だ。
魔法少女事変で使われた結果、秘匿の必要性が薄れ兵器として用いられるようになったようだ。
その操作は簡易版ソロモンの杖であるバトンで行うようだ。
この辺に触れたと言うことは操作できなくなる場面が用意されたりするのだろうか。

・夏休みの宿題
早く片付けてしまいたい。
しないフォギアのネタはこれで決まりだ。

・バルベルデ共和国
「虚構の中にて描かれる「幼稚な悪い軍隊」のイメージそのまま」に「愚連隊同然」と酷い言いようである。
そして、メタ発言である。
バルベルデを何だと思っているんだ。こんなのだよ。
一方で異端技術によってその戦力は増大、看過できるものではなくなったようだ。

・フローティングキャリア
狂い咲き戦艦、その正式名称は「SFC2番艦 エスペランザ」。
チッ……ヘイムダルガッツォーじゃなかったか……アルハザードを絡めてきたか……
1番艦は確実にバスティスだな!
(エスペランザはWA1のライバルキャラ、アルハザードの使う2つの攻撃ビットのひとつ。もうひとつはバスティス)

ロシア軍保有の艦船だったが、海上宿泊施設に海上ギャンブル施設とカイジな用途で使われバルベルデへと譲渡。
パヴァリア光明結社からの異端技術で改修されたことで、空中浮遊やステルスの能力を手に入れたようだ。
旧式の兵器でも最新技術もとい異端技術が組み合わされば別物になる良い例である。
別物過ぎて最初から作った方が安上がりだったんじゃないでしょうか。
この辺も頭が悪いのがバルベルデというか何というか。

そういった旧型兵器を異端技術で改修するといった物は今後も出てくるのだろうか。
ファンタジーに現代兵器で立ち向かうのは衛宮切嗣みたいで格好いいじゃないか。
でも、大統領が気持ち良くなっちゃったしなぁ……

なお、空中に現れたのは説明から察するに空間転移ではなくステルスのようだ。
テレポートジェムのエフェクトに似ているから転移だと思ったんですけどね。
錬金術、むつかしい。

・ディー・シュピネの結界
「確かにそこにあるものの、人の意識を逸らし、あたかも存在しないよう人払いとして機能」「機械の発する指向性の信号すらも撹乱する不可知の結界」のようだ。
錬金術士たちでも見つけられなかったのだから、けっこうな代物であることが伺える。
もっとも、後者の性質が徒となったのだが。
見つからないからこそ見つかるのであった。


その他、視聴ページには「激唱インフィニティ」と「負けない愛が拳にある」と「旋律ソロリティ」が追加された。
既に大絶賛発売中の「負けない愛が拳にある」とEDで流れた「旋律ソロリティ」はありがたみはあまりない。
が、「激唱インフィニティ」はCDverはこれが初めて! 聞きまくろう!
劇中の激唱verもいいものだけどCDverもいいものでして。


戦姫絶唱シンフォギアAXZ キャラクターソング4


また、クリスキャラソンの情報も解禁!
楽曲は「GUN BULLET XXX」「とどけHappy♡うたずきん!」
何故そこで怪傑☆うたずきん!?
クリスの2曲目と言えばどれもクリスの繊細な心を形にした落涙必死の感動曲ばかりだったが、今回は今までと違ったベクトルでキメるようだ。
キマってるぜ……
というわけで、うたずきんに注目が集まる。
恋の桶狭間の如く、本編中でも激唱してくれると面白いんですけどね。


最後に今日からXDの奏イベントの後半が始まった!
こちらも終わったら軽くですが感想を書きたいと思います。
羽を稼げー! 奏を現凸させろー!