クロスアンジュ第6話「モモカが来た!」感想

前回のあらすじ!
レーラグが復活するかと思ったら汚されたぞ!
糞が!
というわけでクロスアンジュ第6話感想。

141109-01

メタルギアモモカ(なお、すぐ見つかる)が始まりました。
アンジュの筆頭侍女、モモカ・荻野目が基地に侵入だ。
見ての通り、巨乳である。
このアニメ、巨乳揃いやな。
だから、品性が下がる傾向にあるのだろうか。

141109-02

地味にアンジュは前回もらったキーホルダーを使っている。
カレー臭いかどうかは不明。
これでカレー臭くなかったらコイツクズだな!
今更ですがね。

141109-03

アンジュの世話をしようとするモモカを突き放す。
まぁ、そうなりますわな。
ゴキブリとかゴミ虫とか言わないだけマシですよ。手加減してますよ。

この人、この基地に来てから裸体を晒すわ同性にキスするわケツ穴掘られるわ犯されそうになるわキラ・ヤマトと寝るわ、人格が変わってもおかしくない。
持ち前の性格の悪さとプライドの高さが化学変化を起こして稀代の近付きたくない人になったのだ。
それでもアンジュを慕うモモカはいい子ですね。
まさかのクロスアンジュの良心だ。

141109-04

でも、「ノーマが低俗で好戦的」と堂々とノーマを見下すわけですけどね。
ノーマは人非人。はっきりわかんだね。
でも、ノーマのアンジュのことは大好き。
いい子じゃなくてガチなだけだろうか。

141109-05

低俗な煽りをしてくるガチレズ三銃士に対して、アンジュも負けずに低俗と煽り返す。
地味にモモカの言葉を汲んでいるのだが、この人、全然周りと馴染む気がねえ。
前回で丸くなったかと思ったらあんまり丸くなっていないな。
さすがの稀代のクズ主人公である。
あと低俗ってこのアニメのことかな?

141109-06

そんな低俗なアニメに似通わない可愛い空腹-KO-を見せるモモカである。
あ……こんな倒れ方をできる人がこのアニメにいたんだ……
今まで倒れた人ってケツから血を流したり、全裸で男を寝ていたり、股ぐらを蛇に噛まれたり、ロクなもんじゃなかった。
なお、全部主人公の倒れ方です。

141109-07

141109-08

ハンバーガーを奢り札束を渡すとアンジュは仏心を見せる。
つれない態度しながら……こやつ、ツンデレだな(白目)
後に食堂の料理は不味そうに食べるのだが、このハンバーガーは美味しそうに食べている。
よほど空腹が堪えたのか、あるいは手作りよりジャンクフードの方が味に癖がないということか。
その辺、何かリアリティがあるような気が。

141109-09

141109-10

141109-11

で、皇女時代を思い出させるためにモモカが無理をする。
どこで用意した、というありがちなツッコミは置いておこう。
まぁ、いい子ですね。
ノーマを全力で見下していますがいい子ですね。

141109-13

さて、今回の低俗コーナーその1。
サリアはエルシャの胸を見て「4次元バストが」と呟く。
おう、そこって強調するところなんか?
見せ場がないサリアだけどエロ本といいこういうところでキャラを立てんでも。

141109-12

そんなことを言いながらアンタも谷間ありますよね。
我慢したまえ。
Blu-rayで修正されたら泣け。

141109-14

さて、クロスアンジュ大好きな風呂シーンです。
まとわりつくような湯煙が熱い。
Blu-rayで突風に飛ばされることに期待してくださいませ。

141109-15

で、ここでモモカがアンジュを慕うようになったエピソードが発覚する。
人形やドレスよりもモモカの怪我を心配する在りし日のアンジュは普通に主人公ですね。
思えば第1話でもちゃんといい人をしていた。
この人、どうしてこうなったのか。
まぁ、ノーマは人間扱いしていないというだけで元から人には優しいのだろう。
ヒト科にはな……

141109-16

で、機密保持のために処刑されることになったモモカをアンジュは金で買ってグッドエンドだ。
このためにドラゴンを1人で全滅させたアンジュのモモカへの想いは本物だ。
まぁ、その戦闘は描写されなかったんだけどな!
いやぁ、いい話かと思ったら怒濤の端折りを見せた辺り、さすがクロスアンジュだ。
この緩急が溜まりませんね。
ロボットアニメだからと無理に戦闘をする必要はないとガンダムSEEDも言ってた。
おのれらはもうちょっと戦え。あとバンク減らせ。

モモカに対するアンジュの想いと現実に対して実力で切り拓いた成長が伺えるエピソードだった。
モモカもこのアニメでは本当に珍しくまともに可愛い人だったし(ただし、ノーマ差別は忘れない)、低俗で下劣なクロスアンジュらしからぬいいエピソードでした。
まぁ、次回予告の「絶対死んじゃうと思った」「あの監督、お風呂と裸出しておけばいいと思ってるし」「来週辺り時間差で死ぬとか」とオチを付けるのですがね……

なお、どう見ても主犯の福田己津央氏はクリエイティブプロデューサーで監督ではない。
監督は芦野芳晴氏だ。
低俗な世界観を監督に責任転嫁しやがった!
本当にやりたい放題なアニメだな、チクショウめ!



Blu-ray第1巻Blu-ray第2巻Blu-ray第3巻Blu-ray第4巻Blu-ray第5巻Blu-ray第6巻Blu-ray第7巻Blu-ray第8巻


拍手レス
>金竜山戦は演技という説を推したい
ドリアン本部……

>……期待への裏切り…………それもまたスクエニの醍醐味ってことさ
>archivesで配信すらされないのさ……

今回の収穫はスクエニがレーラグを忘れていなかったことだけなのさ……