戦姫絶唱シンフォギアAXZ EPISODE12予告


うわあああああああああああああああん……
前の生放送の日笠さんがメチャクチャ面白かったから配信を楽しみにしていたのに……
悲しみに耐えながらクライマックス謎ポエムAXZ。



怖じる世界は紛糾し、少女への殺意は熱を帯びる。

あれなるは災害。人に仇為す波旬の仕組み。

輝く姿は異形なれど、回天の祈りを込めた装束にも似て。


EPISODE12 AXZ

反吐が出る侮辱の空に見上げた光。尽きて滅べ、諸刃ごと。

命は贄に――礎に。一にして全なるモノが死を灯す。



見晴らしの物件に一人暮らしをした響、やっぱりというか何というか、世界の敵となってしまうようだ。
頑張れ、カマホモ2人。
響を後腐れなく守れるのはお前たちだけだ。
……お前ら、生きているよね? ね?

というわけで装者たち復活。切ちゃんも復活。
復活速いな、切ちゃん!?
まぁ、装者が肉体的なダメージからあっさり復活するのは伝統ですからな。
美少女を維持できないくらいの重傷を負わない限りはすぐに復活する。

そして、サンジェルマン、装者たちの中に物凄く自然に混ざる。
凄い自然だぁ……
カマホモ2人も混ぜておこう。
……お前ら、生きているよね? ね?(2回目)

なお、AXZではまだ行われていないシンフォギアの伝統としては前作ラスボスの再登場と前作楽曲の再登場がある。
ラスボスの再登場はGのフィーネさん、GXのウェル博士があり、前作楽曲の再登場はGの絶刀・天羽々斬、GXの烈槍・ガングニールがある。
第12話と第13話でそれをやっちゃう? それともやらない?
以下、用語集や追記とか。


・アダム・ヴァイスハウプト
ヒトのプロトタイプなのであった。
廃棄された理由と造物主への愛憎、これらの開示に伴ってフィーネと敵対していた理由も推測できる。
あの御方に喧嘩を売りたいのだからフィーネに敵視されるのは必然か。
だとしたら、フィーネの強さは馬鹿強いアダム以上……?

また、無能の理由も説明される。
能力は高くとも成長がないからこそ無能。
何ともメッセージ性が込められているように思える。
だからこそ、成長する人間に任せっきりであり、そのための組織のようだ。
……ところですごい帽子って、あれは誰かが作ったのかよ。

あとこの説明で群体という言葉が使われていることから、11話の台詞は軍隊ではなく群体のようですね。
いやぁ、軍隊と聞いた時のときめきがホント凄かったんですよ……


・神殺し
哲学兵装に加えて、響の束ねる力が作用し並行世界の存在も丸ごと攻撃可能!
神殺しの必然と響がそれを手にした偶然によって、必殺武器となってしまったのであった。
つまり、マリアさんがガングニールを纏っても同じことはできない。
泣けよ。


・レイライン遮断作戦
謎の追記。
AXZの用語集はノリがいいっすね……


・ディバインウェポン
カタカナ表記やないか!
背景の英語表記は何だったんや!
既出の能力に加えて並行世界の同一個体を贄と捧げるというトンデモ能力を持っているらしい。
神殺しがなければどうなっていたことやら。
逆に言えばどれだけ大きな力でも弱点さえ突けば瓦解するというメッセージ性が込められていると言えよう。


・バルベルデドキュメント
「優生学に基づいた超人への憧れ」……?
うわぁ、何か気になるんデスけど……
第5期のネタ? 第5期のネタか?


・匿名X
GXに出てきた宇宙飛行士とは別人説あり。
個人的には同一人物説を取っています。
写真の飛行士の若い方だけ意味ありげに顔が伏せられている、国家機密の漏洩を装者たちと縁もゆかりも無い別人がやるとは考えにくいというものです。
答え合わせは金子のおっさんがそのうちやってくれます……