刃牙道感想 第176話「屠り去る」

実はバキのスマホゲーやってません……
PS2のバキゲーは好き。
棒読みとか。


・今回のあらすじ
ピクルが武蔵と再会した!


止めなされ止めなされ……死体蹴りは止めなされ……
武蔵はピクルをさらにいじめる気なのか?
帯刀しているのが大変厄い。
斬撃攻撃は防御無視だから絶大な防御力を持つピクルでも普通にダメージを受ける!
必要なのは斬撃耐性だ! 斬撃属性のダメージを50%減らすとかそんな!
何か一緒に蛇を食べるとかそんなので許してもらえないでしょうか……

安否が気遣われたピクルだが白骨の山が出来上がるほどにはメチャクチャ下水道に住む爬虫類を食べていた。
身体の方も傷跡は残っているものの回復したようだ。
でも、心の方は……
というわけで、何とか逃げ出そう。
そして、刃牙に武蔵を押し付けよう。

ここで刃牙が助けに来てピクルを守護れば見直すんですけどね。
でも、花山の時は背中を押すだけ押してノープランだったし……
あと刃牙は何のために昂昇に逢いに来たのか。
殺害予告だけして帰りやがって。
ここまで言ったからにはさっさと行動に移してもらいたいところだが……
これでピクルにサラシ巻いて帰ったら泣く。