戦姫絶唱しないシンフォギアAXZ第3巻

(遅れましたが)本編終了後の宴、戦姫絶唱しないシンフォギア!
装者たちの日常が描かれるだけでなく、重要な設定が描写されることもある。
必見だ!
というわけで特典ということで仔細にはあまり触れない方向で軽く。






響、エルフナインのお見舞いへ向かい、お祭りに誘うついでにお見舞い品の果物を食べ尽くす。
こういうところが洸と似ている。
あの親あってこの子ありなのだった。




お前何しに来たんだと言わんばかりの響の襲来であったが、これでエルフナインは元気になりたいと思うのだった。
まぁ、装者たちは基本変な方向に元気ですからね……
年長者のマリアも変な方向に元気。
中の人のせいかな?





クリス、響がお見舞い品を食べ尽くしたことをキレる。
そりゃあキレる。
誰だってキレる。

同時にお見舞い品はクリスときりしらたちで買ったことがわかる。
正確には「あいつら」と形容しているため、きりしらが関わっているのかはわからない。
が、きりしら以外にはいないだろう。
クリスときりしらで先輩後輩関係が完全に確立されているのであった。
マリアとはその点で似ているし、だからユニゾンしたのかも。
おっぱい繋がりだけではない。




エルフナイン、またも大ダメージを受ける。
GXのしないフォギアと同じネタを繰り返したので「早くも大ダメージ」はお気に入りのネタ?
実際KAWAII。




歓迎パーティは二課から続く伝統行事である。
そして、再検査につき空振りに終わるのだった。
キャロルの身体をもらったという難しい状況であることを含めて、エルフナインの身体はあまり強くないことが窺える。
AXZでエルフナインが現場に出ることは一度もなかったのもそういうこと?

そういえば、AXZにおいてはS.O.N.G.本部の中に引きこもっていた。
恒例の本部強襲イベントが行われなかったことが引きこもりに拍車を掛けている。
本部の外に出たのは愚者の石を探した時くらい?
それも任務で出た辺り、エルフナインの私生活はいろいろと謎である。




切歌、渾身の手紙がまたしても不発に終わる。
今回はともかく、前回のは不発に終わるべきだったのですが……
切歌の手紙への執心がわかる。
黒歴史を忘れずにこだわって黒歴史を増やすタイプと見た。





退院が遅れたせいで翼とマリアのロンドン行きの時刻が迫り、バスの中で祝うことになるのであった。
ここからGX最終話の翼とマリアのシーンに繋がるのだろうか。
一度別れて再度合流したことになる。
そりゃあ笑われるわな……

なお、バスは藤尭が運転している。
大型二種免許を持っているのか……
何とも意外な特技である。
目立ちたいからとサイドブレーキを引くだけではなかった。




マリア、翼の散らかし癖を地獄と形容する。
翼は煉獄だと反論するが大して変わらない。





この時点でマリアは八紘からの特命を翼に教えていない。
なので、翼視点からはマリアがロンドンに来た理由が不明となっている。
このことで翼は憤慨する。
AXZ第1話ではマリアが可愛いところを見せたが、今回は翼が可愛いところを見せるのだった。
金子彰史得意の対比である。
多分。





お盆になるとしっかりナスとキュウリの置物を作って両親を悼むクリスであった。
仏壇を初任給で買ったりとこういうところは本当にちゃんとしている。
両親を嫌いと言い続けてきた過去への償いと言わんばかりである。

対して翼はバイク。
バイクである。
どんだけバイク好きなんだ……
このバイクへの愛が実ったのか、AXZにおいてはバイクが壊れなかったというシリーズ初の偉業を成し遂げるのであった。




そんなクリスも私生活ではかなりダラけるタイプであった。
過酷なバルベルデやフィーネの下で暮らした反動だろうか。
この辺はGX最終話で描かれていた。
クリスはプライベートではダラける人間なのであった。
栄養が全部胸に行って良かったな。

なお、その際にルミナスゲイトを聞いている。
翼を先輩として慕っているだけでなく、アーティストとしても畏敬の念を抱いていることが伝わる。
共に歌に夢を託しているのだから、世界に歌を届けている翼をその点でもリスペクトしているのかも。





みんなで夏祭りを堪能する。
前述したAXZ本編では全然外に出なかったエルフナインもこの日はちゃんと遊んでいる。
そして、これが響の夏休みの宿題を追い詰めた要因となるのであった。





美味いもんマップに何かトラウマめいたものがある切ちゃん。
まぁ、あの時は好き放題食べた上にクリスに挑むという任務の忘れっぷりだったし……
そして、黒歴史を自分から言っていく切ちゃんのスタイル。





響、セミを食べる。
多分、金子彰史の体験談。
あの人、奇怪な人生歩んでいるからね。
土砂崩れで埋もれた家から泥田坊を発見したり。





そして、最後にしんみりとしたオチを付けるのがしないフォギアスタイル。
エルフナインが三つ編みにしたのは元気が出るおまじないのようだ。
キャロルへの親愛が伝わってくる。
GXのしないフォギアを見る限り、仲が良さそうだったし、魔法少女事変がなかったら意外と2人揃ってのんびりしていたのかも?