喧嘩稼業第86話感想

しげの先生、イニDキャラをちまちまっと出してくれるのは嬉しいけど、序盤から出し過ぎのような……
とりあえず、石神風神は噛ませ犬だと思う。
そんなわけで喧嘩稼業。


陰陽トーナメントから10年後!
いきなり10年後かよ!?
ともあれ、かっちゃんは金隆山よりも強い横綱になると語るのだった。
終わり。

……と一言で語れる内容だが10年後が描かれた。
陰陽トーナメントの後は10年後の話になるかもしれない。
だとしたら、喧嘩稼業は壮大なストーリーになる。
果たして木多先生が生きている間に完結するのか……
餓狼伝やベルセルクと同じくらい完結が不安になってきた。

かっちゃんは金隆山が死んでからずっと稽古してきた。
金隆山を越える力士になるためであった。
でも、力士志望のわりには線が細い。
大丈夫なのか?
10年後編に出番はあるのか?

何はともあれ、頑張れ木多先生。
今連載すれば富樫と真っ向勝負できるぞ!
漫画家としてお相手願いたい。