アニメ版バキ感想 第23話「本当の攻撃」

バキ2倍期間ももうちょっとで終わりですね。
いや、ゆうえんちと合わせるとバキ3倍期間?


環境利用闘法の使い手、ガイアがシコルスキーの目の前に立つ!
あらかじめ用意した武器を使わずに周囲にある環境を、砂を投げつけてシコルスキーを攻撃する。
武蔵の時はあらかじめ用意した武器を使った上に不覚を取ったんですけど、あれって何なんでしょうね。
ガイアじゃなくてノムラが戦っていた説を推したい。

死刑囚は軍人に砂だけで圧倒される。
だが、砂は武器として使うだけではない。
それを被ることで周囲の風景と同化、姿を消すことができる!
いや、そうはならんやろ(ピピ美)
なっとるやろがい!(ポプ子)

まぁ、地面の砂に紛れるのならわかるけど、問題は普通に観客たちを背に紛れていることだ。
何か半透明になってるし砂以外のものを使っているんじゃないですかね?
理屈は置いておいて、相手の姿が見えないのは大きなアドバンテージだ。
シコルスキーは防御もできず攻撃を受けまくるのであった。

というか、見えない攻撃を防御しようとするのは不味いのでは……
多少無理にでも攻撃した方がいいのでは……
アクションゲームなら当たるぞ。アクションゲームなら。
何かすっかりへっぴり腰だな、シコルスキー。
この情けない姿を見られて観客席の猪狩は大満足だろうな。

人は待つ時間に恐怖する。
すっかり心が折られたシコルスキーは自ら敗北を認めるのであった。
死刑囚の中でも一番悲惨な形で敗北を認めた。
何というか、可哀想の一言に尽きる。
ロシア人の呪いは根深いのだ……

で、柳はまさかの本部と戦う。
本部、とにかく強い。
卓越した武器術だけでなく駆け引きでも圧倒している。
本部はいろいろな分野に精通することで300点以上を自負する男である。
これを活かして柳の苦手とする分野で上手く戦っているのだろう。
……金竜山の得意とする分野で戦って負けたのは、忘れてやる。

柳の不調を五体以外の何かに頼る性根が技を腐らせると本部は豪語するのだった。
アンタも使っとるやろがい!(ポプ子)
ここに関しては武器に頼るのと武器を活かす差だろうか。
あるいはお前が言うな大賞を受賞したとしても、柳のペースを乱せればそれでよしということかも。

本部は毒手を鎌で切断する。
この時点ではわからないことなのだが、この毒によって刃牙が瀕死となった。
本部はこの瞬間、仲間たちを守護ったのだ!
まぁ、本部は刃牙のお見舞いに呼ばれなかったんですけどね。
火傷間もない克巳でさえ呼ばれたのに……

本部の勝利かと思いきや勇次郎がやってくる。
久し振りの出番だ!
死刑囚編の出番は息子の世話を焼いてばかりだったが、ここで久し振りに刃牙関係なしだ。
戦え、勇次郎。相手は瀕死だけど、瀕死でも関係なしに戦う人だから問題なかった。
大丈夫か、柳。大丈夫か、本部。
次回へ続く。