RacingLagoon発売20周年なのさ……



今日、2019年6月10日はRacingLagoon発売20周年なのさ……
横浜最速伝説……まだ終わっていない……
どこまでも走り続け紡がれていくLEGEND……
そうさ……発売から音沙汰がなくても俺たちが『R』を忘れることは決してないのさ……
ヤンキー魂のことは忘れるのさ……


ところで20周年企画……特にないのさ……
10周年の時にやったプレイ記で語ることは語っちまった……
冗談じゃねえ……
だけど、それだと物足りないから今RacingLagoonをプレイする方法について触れてみるのさ……
久し振りにYOKOHAMAを走りたいWARRIORだけじゃなく初めて触れるWARRIORの参考になればいいのさ……


・購入方法

レーシングラグーン

RacingLagoonは現在PS1用ディスクでしか発売されていねえ……
ゲームアーカイブス……結局なっていないのさ……
HANKEN……大人の事情ってヤツさ……


・プレイ方法その1 PS1
一番ベターなプレイ方法さ……
PS1は『R』のために作られたMACHINE……
安定性は言うまでもないのさ……

ただ今PS1でプレイすること自体が大変……
ハードそのものの寿命はもちろん、現在主流の液晶TVやモニターに接続するのには一手間必要になってしまう……
ビデオ端子……ブラウン管の時代はもう終わっちまったんだ……
だから、ベターだけど楽な方法とは言い難いのさ……
画質面でのメリットもないからその点でも物足りない選択肢かもしれねえ……


・プレイ方法その2 PS2
『R』の発売から1年後に出たハード……
動作に関しては文句なし……
さらにテクスチャ補完と読み込み高速化で『R』のサポートが可能さ……
効果のほどは……テクスチャ補完は確実にあるのさ……
読み込み高速化は……Placebo……
異常もないしやらないよりはマシなのさ……

難点はPS1同様に現代のモニターとの接続……
かつてのハイスペックなMACHINEも今じゃレトロゲーム機……
20年の時の意味はそういうことなんだ。


・プレイ方法その3 PS3
一番現実的な選択肢……
PS1とPS2の難点だったモニターとの接続が今でも現役のHDMIを使えることで解決……
安定性は言うまでもない上にメモリーカードも仮想メモリーカードを使える……
入手も容易でこれからプレイするに当たって一番オススメかもしれねえ……

画質面はスムージングがあるのさ……
ただ効果は微妙……劇的な恩恵はないのさ……


・プレイ方法その4 PSエミュレーター
走りは再現されるもの……
そうさ……エミュレーターも一つの答えなんだ……
まず難点は環境を整えることが大変に尽きるのさ……
BIOSをPS1から吸い出す必要がある……
やり方はいくつかあるがいずれにせよかなりの手間なのさ……









反面、最大のメリットは何と言っても画質……
高解像度化ができるから家庭用ハードとは比べものにならない高画質を実現できるのさ……
特にSTREETは別物さ……

BIOSの吸い出しを初めとして導入の大変さ……
概ねは問題ないとはいえ安定性に劣る点……
エミュレーターは難点はいくつか抱えているが間違いなく一番Richな『R』を楽しめる……
興味のあるWARRIORは是非挑んで欲しい……


大体、この4つなのさ……
エミュレーターに関してはPC以外でもAndroidのエミュレーターもあるのさ……
ただいずれにせよBIOSは必要になるんだ……
最速の彼方……遠い道のりってことさ……

そんなわけでWARRIORたちの導標になれば幸いさ……
走る……最速の彼方へ……
俺たちの走りはまだまだ終わらないんだ……