バキ感想 グラップラー刃牙リメイク(後編)

何故か続いた! グラップラー刃牙第1話リメイク!
2話構成になるとそれリメイクちゃうと思うんですけど……
バキSAGAより反応に困る企画ですね。
ん? バキSAGAをリメイクすれば……


さて、まずは前回の締めをリプレイ。
近年のバキのお約束の技法ですな。
って、それをリメイクでやるのかよ!
完全に2話構成の作り方ですな。

なお、前回の締めは1ページだったのを3ページに延長している。
そ、そういうところやぞ!
そういうところがあるから、最近、展開が遅いんだ!
読者としてはリプレイほどほどでサクサク進めて欲しいんですけどね。

独歩の正拳突きは旧第1話ではスウェーでかわして拳にキスをした。
刃牙の凄まじさの一端を物語るものだった。
リメイクではどうなるか。
刃牙の眼前で正拳突きを寸止めした。
それは刃牙が独歩に金的を合わせていたからだ!

って、別物になりましたね。
刃牙は金的を遠慮なく行う金玉キラーを表現したかったのかもしれない。
その後、刃牙は実際に独歩に金的している。
コツカケで効かなかったけど……

独歩はこの時点で刃牙の正体に気付いている。
末堂との試合後に気付いた旧第1話よりも大分気付くタイミングが早まっている。
とはいえ、独歩は刃牙の試合を最初から見ていただろうし、こちらの方が自然と言えば自然だ。
もっとも、旧第1話も気付くだけ気付いてふっかけてみたのは末堂戦後というのはそこまで不自然でもないんですけどね。

「「我こそが地上最強」」「挑発してきたのはそちらですよ」

刃牙がトーナメントに出場した理由が変わってる!?
旧第1話では鎬昂昇との試合に備えて空手を学ぶためという理由だった。
が、リメイクでは神心会が地上最強と喧伝するために鼻っ柱を折るために出場したようだ。
大胆リメイクだ。そこまで弄るのかよ。
おかげで先入観なしだと刃牙は地下の刺客みたいなイメージになっている。

ここで独歩は刃牙の対戦相手、末堂について語っていく。
身長や体重を語っていく。
あ、末堂の試合前の描写を全部省くんだ……
って、それは第2話の内容だ!
第1話のリメイクかと思いきやまさか第2話まで着手した。
フリーダムですな。

末堂は身長200センチ、体重130キロ、100メートル11秒そこそこで走る。
それだけなら旧第2話で語られた内容と同じなのだが、ベンチプレス、スクワット、デッドリフトの3種の合計が1トンを越えると身体能力を裏付ける設定が付け加えられる。
なお、旧第1話では身長205センチで100メートル11秒を切るというものだった。
つまり、リメイクによって末堂は弱体化している。
何か可哀想なヤツだな……

「虫も逃がさぬ殺傷本能キラーインスティンクトだよ」

だが、末堂の最大の個性はフィジカルではない。
殺傷本能にこそあるのだ!
旧第1話では丁寧に描写した末堂の凶暴さを一言で済ませた!
何か丁寧に描写するポイントと省くポイントがよくわかりませんな……
末堂の凶暴さは末堂を敵役として際立たせ、なおかつ試合中に冷めたことでただの狂犬ではないところを見せていた。
それだけにちょっともったいない。

そして、刃牙と末堂の決勝戦開始!
待て、独歩の演舞もカットされている!?
独歩の凄さもオミットしていく革新的なスタイルですな。
旧第1話だと演舞を見せた後に刃牙に正拳突きをかわさせたことで、刃牙の凄さを表現していたと思うのですが……

こうして始まった試合は見開きのハイキックが顔面に決まり決着!
決着した!?
旧第1話だと試合開始直後の蹴りで肩を外したのだが、リメイク版では末堂の顔面に直接ブチ込んだ。
決着……なのか?
次回に続いてみないとわからない。
いや、次回には続かないか。

というわけで、グラップラー刃牙第1話リメイク終了!
第1話というか第1話と第2話のリメイクって感じでしたね。
かなり描写は省いているけど何だかんだで2話分の尺にピッタリ収まっている。
旧第2話の描写のほとんどが省かれているけど。
テンプレートはどこに行ったんだ!?

近年のバキは描写をねっとりと描き過ぎるところがある。
なので、リメイクに当たって描写を削ることで尺を収めた荒技を見せた。
下手すれば末堂なんて存在そのものを削りかねない勢いだった。
うーん、末堂、そんなにダメなんですかね……

いや、たしかに末堂はイキっている癖に実力はいまいちという三下キャラだ。
巨漢は噛ませ犬の起源と言えよう。
でも、刃牙相手に油断せず強さを認めていたり、凶暴に見せて一線を越えると冷静になったりと、それなりに油断ならないところもあったんですよね。
何だかんだで刃牙もそこそこ時間かけて戦ったし。

あと末堂はプロレスラーの侮辱にキレたりと空手へ愛を持っていた。
後の方でも独歩を何だかんだで敬愛していたり、加藤の仇討ちのために命を賭けて戦ったり、克巳を応援したりと実力以外に目を向ければけっこうな好漢で好感を持てる。
なので、もうちょっと大切にしてあげても……
まぁ、グラップラー刃牙第1話の時点だと凶暴な奴って感じなんですけどね。
加藤と共に急速にいい奴になっていくんだけど。
そういえば、加藤も最初は凶暴だった。

ともあれ、次回はバキ道に戻る。
大相撲幕内軍団との決戦が始まる!
そして、次回は休載!
うーん、最近は休載が多い……1ヶ月も話が止まっちゃうことになる。
この1ヶ月で幕内と死刑囚たちが試合して勝った方が地下闘技場戦士と戦う流れになってるかも……