バキ道感想 第75話「愚地克巳 VS 獅子丸丸」

地下闘技場戦士VS大相撲の最大の注目カードが始まろうとしている。
ここまでは前哨戦というか準備体操と言っても過言ではない。
準備体操、クッソ長かったですね。
これは武道家ではありませんよよよ……


「ナントナントの――」
「天下の大相撲が3連敗ときた」


ここでやっと大相撲サイドがミーティング、今風の言葉でMTGを行うことになった。
2敗した時点で、できれば1敗した時点でMTGをやって欲しかった。
巨鯨が渋川先生に負けた時点で相撲の常識がまるで通じない相手だとわかったはずなのに……
その点、大擂台賽において1敗の時点で意識を改めた中国軍は優秀ですね。
まぁ、意識を改めた直後に2秒で負けましたが。

理事長は素人の喧嘩自慢に負けた鯱鉾を責める。
鯱鉾は言葉に詰まるのだった。
花山は規格外も規格外であることは鯱鉾が痛すぎるほどに感じたことだ。
むしろ、鯱鉾は頑張ったくらいだろう。
理事長は部下のモチベーションを下げるのが得意ですね。
金竜山のノープランっぷりも上司としてどうかと思うのでいい勝負か。

「素人じゃないッス」
「「身技体」が十分に備わっている」「選り抜きの玄人集団てことッス」


理事長に口を出したのは鯱鉾ではなく克巳と戦う男、獅子丸だった。
力士たちは戦うまでは地下闘技場戦士を舐めていたが、獅子丸は3敗を受けて意識を改めたようだ。
ここからが本番か。本番に入るのが長い。



でも、技体じゃなくて技体なんですね。
地下闘技場戦士は技も身体も常人離れしているが、心は備わっていないと言いたいのだろうか。
対して相撲は神事。心も備わっているという自負がある、のかも。
いや、ただの誤字かもしれませんが。

「玄人だってワカってンだから――――――――問題ないッス」

鯱鉾は意識を改めた。地下闘技場戦士を強者と認めた。
だが、無策だった。
いや、せっかくMTGしたんだから具体的なプランを立てましょう。
無策じゃないですか、MSK!
こういうビッグマウスを叩いた奴の命は危ない。
ただ負けるだけではなく酷い負け方をする。
具体的には郭春成。

「「友情」か!? 或いは行き過ぎた「我が儘エゴイズム」か!!?」

こうして二人が試合場に入場する。
とりあえず、実況は烈の腕移植を煽り立てる。0
友情というか、ワガママというか、巨悪徳川が危険球を投げてきたに過ぎないのだが、まるで克巳が自分の意志で腕を奪ったような言い方だ。
違うんです……苦渋の決断なんです……事実、克巳は言われた時点では怒っていましたよ……

克巳が烈の腕を移植したのも自分のためというよりも亡き朋友のためだろう。
死者を冒涜するみっちゃんの所業は度し難いが、稀代の烈士の腕を灰と化すのも心苦しい。
苦悩の果てにこの道を選んだに違いない。
とりあえず、無意識のうちにみっちゃんを殴って欲しいとは思う。

対して鯱鉾の経歴にも触れられる。
幕内最高優勝は3度。幾度かの怪我さえなければ横綱大関。
史上最強の関脇説はもはや定説。金星数史上最多。
実績は素晴らしいが結局は大相撲の関脇というのが本音であろうか。
巨鯨だって大関ですよ。いや、巨鯨は異常に頑張ったけど。

鯱鉾は怪我さえなければ横綱大関らしい。
相撲は過酷な試合周期故に怪我で欠場は致し方ないことではある。
が、バキ世界において怪我は言い訳にならない。
烈は片足を食われるという重傷を負いながらも死ぬまで現役でいた。
千春だって腕が折れてもアイアン・マイケルと戦った。
ジャックと花山も頬の肉がなくなっても戦っている。
何か設定の時点で負けているような……

こうして二人は並ぶ。
克巳が186.5cm116kg、鯱鉾が182cm181kg。
身長で克巳が勝り鯱鉾が体重で勝る形だ。
でも、直立している姿を見ると克巳と鯱鉾は同じくらいの身長だ。
まぁ、よくあることなので気にしないようにしましょう。
打撃系の克巳にとってリーチで勝るのは僥倖だが、それ以上の体重差がある。
あるけど体重差程度で屈したら烈の腕に申し訳が立たない。
まぁ、この戦いにおいて体重差がアドバンテージになっている場面はないのだけど……

鯱鉾は塵手水を披露する。
手に何も持たないことを意味する所作である。
素手の戦いならこちらの方が歴史がある!
空手に対する宣戦布告だ。
対して克巳はどうするのか。
ガソリンとライターでも使ってみるか?

空手と中国武術のハイブリッドが見られるのか。
せっかくの烈の腕だから問題行動をして欲しいところである。
でも、烈と言えば脚の気もするんですけどね。
あと多彩な運用がされた三つ編み。
……どうせなら克巳は髪型も三つ編みにすれば良かったのに。
克巳の髪型はコロコロ変わるし三つ編みくらいは良かろう……
次週休載しながら次回へ続く。