戦姫絶笑シンフォギアRADIO

シンフォギアGXを彩るべくラジオ、戦姫絶笑シンフォギアRADIOが放送決定!
GXの放送開始と同日の7月3日から始まるぞ。
(GXは正確には4日からだけど)
例年に勝る勢いに今回も本気が伺えるのであった。

というわけでシンフォギアラジオ。
本編に関係する情報としては楽曲の先行公開があるとか。
おそらく最新話で放映される楽曲、当日分の先行公開に限るとは思うけれども、やはり初の楽曲は本放送で聴きたいものである。
キャラソンで先行収録されたRainbow Flowerを本編で使われるまで聞かなかったという人もいることだろう。
手紙のように使われなかった楽曲は聞く機会に悩んだ人もいるはずだ。
なお、小生がそうです。

そんなわけでネタバレを避ける適合者は慎重に聞きたいところである。
GX放送後の視聴が一番角が立たないか?
なお、ゲストも出るとのこと。金子のおっさんに期待だ。
……文字媒体以外では姿を見せたことないけど。

また、キャラソンも続々と予約開始だ。
第5弾切歌第6弾調第7弾マリアさんとなっている。
F.I.S.組がまとめて予約開始だ。
第8弾は焦らしている。

なお、切歌の常識人(手紙)について。
語尾がおかしいし常識がないと作中で触れられながらも、プロフィールでは毎度のように常識人と書かれている。
もはや常識人が切歌の持ちネタとなっている。

では、切歌の常識人の意味とは。
まず、切歌自身に常識はない。これは明らかな事実である。
その上であくまでも常識的な価値観を持っているからこその常識人ということだろう。
緒川さんに見つかった時は実力行使せず穏便に済ませようとし、聖遺物のペンダントを強奪するのではなく喉自慢の景品として合意の上で得ようとしたり(合意じゃないけど)、ASGARDが発動した時にはビックリしたりと極めて常識的な価値観を持っているのだ。
「度重なる超常の事態に常識が砕けそうになっても」と常識的な価値観を持つからこそ、思い悩む様子がプロフィールにも書かれている。
故に常識人なのだ。

なお、その辺で立ちションとか喉自慢参加とかデエエエエエエエエス!とかやっている行為そのものは非常識なのだが、その上で常識人というのが暁切歌ちゃんの魅力デース!
デース!