エロゲーに転用可能

久し振りのアスクギア制作日記。
ここ最近は町人の台詞を打ち込みながら日常系イベント(笑)を作っていました。
今回は取っつきやすさを意識します。プバーみたいに非常識人ばかりではありません。
やったね!
やったれ!

140804-01

まず、スバルイチさんの手で生まれ変わった主人公。
私は制作においてリテイクを出すことがほぼありません。
性別が違っていてもミゾカがキノコで汚れキャラになっても「こういうのでいいんですよ!」とか無責任なことを言うタイプ。
まぁ、その辺はスタッフの好きにやらせた方がいい結果を出すだろうという考えから。
だというのにスバルイチさんは怒濤の如くリメイクをするので怖いデスね。
ガバガバなのに圧倒的成長!

140804-02

web拍手では一足先にお見えになられている今作のロリ担当とか。
今のところ、主人公以外は女性キャラしか発表されていませんね。
まぁ、純愛恋愛RPGなので多少はね。
中身も可愛くなるように必死に作っています。
今回の私に「あえて可愛くしない」という選択肢はないのだよ。
無論、「可愛くしようとしてコケる」という選択肢は基本装備。

あと今回はエロゲーもといギャルゲーでおなじみのメッセージウィンドウを一時的に消去する機能が追加されました。
立ち絵を心ゆくまで見られるぞ!
おっぱいも見られます。今回もおっぱいキャラは盛り沢山です。
やったね。

なお、作ってる側としては自慢のメッセージ表示スクリプトですが、以前公開したものから無駄に進化。
機能的にはバックログの出力とウィンドウ一時消去を追加。
制御文字もわかりにくかったのでわかりやすいもの(waitやscenarioなど)に変更。
立ち絵も「@名前」で出せるように変更し、表情差分も「-数字」という形式で出せるようにして手間を減らした。
うむ、隙がない仕上がりだ。
プレイヤーにはこれっぽっちも関係ないのだがね。

まぁ、こういう部分を作るのは楽しいんですよね。
テキスト出力の手間はかなり減るはずなので(アバー比で1/2くらいになる気がする)、イベントはわりと早く仕上がるかもしれない。
その分、脇道を増やしていきたい心持ち。


>なるほどシュルシャガナは緊急展開任務で後続が来るまでの繋ぎってことですね
ここは俺に任せろ……

>シンフォギアライブの感想、楽しみにしているデース!
デエエエエエエエエエエエエス!?
現場にいなかったのでその熱気を伝えきれる自信はありませんが、視野には入れておきますね。

>金子さんに画力があったら島本和彦先生みたくなっていたのだろうか……?
彼岸島――

>https://twitter.com/zimzim555/status/495917548257280001/photo/1 フォニックゲインが凄そうですこと
シンフォギアは実話だったのは疑うまでもないですね。