鉄血のオルフェンズ感想第11話

avastを使っていると誤検知で当サイトを見られない模様です。
原因はアクセスカウンタなどで使っている忍者ツール?
心優しい方は誤検知報告をお願いいたします……


三日月が昭弘のピンチに駆けつける!
追加ブースター装備のようだ。
11話にしてMAみたいになりやがった。
装備変更のフットワークが軽いバルバトスであった。
プラモにも困らなさそうですね。

151214_001
151214_002

ついに敵にガンダムが出てきてガンダムEXTREME VSの開幕だ。
うわ、パイロット、メッチャ濃い! イロモノ全開だ!
ガンダムグシオンの装備もハンマーだし近年らしからぬ組み合わせだ。

グシオンはガンダムだけあって強い。
見た目通りのパワーとタフネスに加えて、ガンダムらしく機動力もある。
パワーがあって堅くて速い……ジ・Oかな?
こういう機体が強いと盛り上がりますね。

これにはバルバトス第4形態になってご機嫌な三日月も苦戦だ。
新しい武器、ポントウを使っているからだな。
メイスを使っていたら装甲を砕けて勝てたかも。
でも、最近は細いMSばかり相手をしていたから、こんなプラモを買いたいぽっちゃり系MSは想定外か。

151214_003

タービンズとは義兄弟の関係なのでラフタたちも助けに来る。
ラフタさん、昭弘とか叫んでるんですけど……いつの間にカップリング成立?
でも、三日月にも通信していたし義兄弟の絆ですね。
何にせよホモ臭いのに女性に心配されて良かったな、昭弘。
半裸で汗まみれのトレーニングをした甲斐があったぞ!

昭弘の弟、昌弘は鉄華団に襲いかかった海賊ブルワーズに所属していたことが判明する。
戦場で兄弟の再会である。
うーむ、フラグを立てまくるからこんな再会をしてしまうんだ。
三日月がブルワーズのパイロットを1名殺っているから、憎しみの連鎖に巻き込まれそうだ。
遠慮なく殺る三日月イズムは対話の余地がないからこういう時に困る。

それにしてもマッチョな兄と比べて昌弘の身体は細い。
ブルワーズはパイロットを使い捨て同然の扱いでロクに食べさせていないのだろうか。
そして、アルトランド一族は生来ムキムキでないこともわかる。
昭弘は事あるごとに筋トレしていたし、あの筋肉も日々の鍛錬によるものだったのだ。

151214_004

タカキは死にかけるが何とか生きていた。
その折りに鉄華団には船医がいないことを責められるオルガであった。
通信もフミタンがいなければできなかったし、戦闘で勝つことは一流だがそれ以外はダメダメな鉄華団だ。
やっぱり女不足がいかんな。
そのうちの1人がやたら地味だし名前が不吉なのもいかん。
いや、その人のおかげでタカキは助かったけど。

151214_005

鉄華団を襲った海賊、ブルワーズの頭領はオークでした。
そっち方面で薄い本を厚くするのは予想外だったよ……
タービンズの女性陣は身体に気を付けてもらいたいところだ。
とりあえず、ラフタを贄と捧げよう。

151214_006

また、新たな女性キャラが出てくる。
……何か死にそうな気がする。
死亡フラグが跋扈する世の中だから、妙に明るかったりするとフラグとしか思えん。

働いていないようで自分にできることはしている健気系ヒロイン、クーデリアだったが今回は特に仕事しなかった。
あまり役に立たないけどポカはしていないからヘイトを溜めない絶妙な無能っぷりである。
何かと超人的な三日月と対比だろうか。
発言力はあるわけだから喋らせる場面を作れば活躍しそうなのだが。

昭弘は自分を責めるが三日月とオルガのフォローで持ち直す。
三日月がフォローしたのが意外だった。
以前からそうなのだがけっこう気が利く奴だ。
ただ戦場ではガチ勢だからあまり気を利かせないのだが。
弟を取り戻せるかは三日月の温情にかかっているぞ!