メイジの転生録用語集

メイジの転生録大好評公開中!


ア行
・犬【台詞】
ラドがリヒトを指す際に用いる言葉。
また、レイネも犬扱いしている。


・WELCAME【台詞】
エクスハティオがリヒトを迎える時に言った台詞。
WELCOMEとの関連性は不明。


・運命【概念】
作中において頻出する重要単語。
具体的に何を指すのか、一般的な意味で捉えていいのかは不明。
「運命的に身体が動いた」と釈明したり、「運命見せてみろ」と要求されるように、作中人物にとっては具体的な意味が込められていると思われる。


・運命制圧【用語】
戦闘に勝つと表示されるメッセージ。
運命は制するもの。


・運命判断屋【人物】
占術師。
リヒトを以てして「怪しげ」「きな臭い」と言わしめる。
お前には言われたくない。



カ行
・河川敷【地名】
リヒトがよくいる場所。
オープニングのブラウと激闘を繰り広げた。
水をかけるという行動ができることから、水辺で戦っていたと思われる。
ここで1日を潰せることからリヒトにとっては相当なお気に入りスポット。


・CLOSS ROAD【地名】
宿命ヶ原に存在するカフェ。
店名は運命の交差点を意味するようだ。
昼は普通のカフェだが夜は徘徊者たちにアイテムを売っている。
終盤で町人がモンスターになった際も普通に営業していることから、店主の底知れなさが伺える。


・騎士【用語】
エクスハティオの自称。
リヒトはメイジではなく騎士という呼称に驚いていたが、やっていることはメイジと一緒。
そのため、単なる自称で実質的にはメイジと同質と思われる。


・気丈螺旋【設定】
雷を発生させることができるブラウの能力あるいは武器。
どちらなのかは定かではない。


・キノコ女【台詞】
女生徒がレイネを指して言った罵倒。
まぁ、髪の毛はふんわり気味だからそう見えないこともないような。


・気やヶった【台詞】
標的としている相手が指定した場所に来た時に言う台詞。


・CLEAN HIT【用語】
戦闘中ではクリティカルのメッセージとして表示される。
ラドが発言していることから作中世界ではひとつの概念として捉えられているのだろうか。


・狂いメイジ【用語】
おそらくは狂ったメイジを指す単語。
ジャンキーリッパーやヘルムガードが具体例だろうか。
それから転じて罵倒して用いられているらしく、(あまり)狂っていないメイジを狂いメイジと指すこともある。
「狂った狂いメイジ」というやや重言気味に使われることから、狂っていない狂いメイジもいるだろうか。


・CROSS FAIT BATTLE【用語】
その場に居合わせる事。
運命、宿命、因果応報、一期一会。
そこに立つ事、それ即ち
CLOSS FAIT BATTLE
戦況はこく一刻と変わる。
流れを読み、勝利の運命を掴み取れ!


・公園~異次元樹海~【地名】
ヒドリが統治する場所であり、その配下のWIZがたむろしている。
樹海と言われるほどのため、相当に広大な敷地の公園、あるいは次元が歪んでいると思われる。


・混沌の地下通路【地名】
異様な戦慄と異質な旋律が漂う場所。
チヅルが統治?している。
毎度のことながらリヒトが来なかったらどうしていたのだろうか。


サ行
・宿命ヶ原【地名】
おそらく読みは「さだめがはら」。
作中地方の名称らしく、地名に度々登場する。


・宿命ヶ原スタジアム【地名】
エクスハティオがリヒトを招いたスタジアム。
カカシが守っている。
カカシなんだ、あれ……


・宿命ヶ原タワー【地名】
宿命元老院の本拠地とMEGAMINOIDがあるタワー。
ラスダン。
バカは高いところが好き。


・宿命川学園【地名】
読みは「さだめがわ」。私立らしい。
レイネが通っている学校。
また、エクスハティオがフランス語の非常勤講師(後に正式に採用)として務めている。
単位という言葉が使われていることから、(高校にも単位はあるが)おそらくは大学。

宿命川は作中地方、宿命ヶ原との関係は不明。
宿命ヶ原に流れている川の名前だろうか。
河川敷はここからそれなりに近いようだし。


・ジェスターQ【人物】
メイジ化学研究所の所長と思しき人物。
本人曰く身体を宿命元老院にグチャグチャにいじり回されたらしい。
また、そのことに不満を抱いているのか、宿命元老院に対する忠誠心だけでなく敵意らしきものが垣間見える。


・四天王【用語】
ゲツヤ・ヒドリ・フウマ・チヅルの4人。
四天王のくせに部下を廃人にする、勝手に計画を進めるとその連携は最悪の一言。
一応四天王の自覚はあるようだが……


・ジャンキーリッパー【人物】
パウダーを求める徘徊者。
メイジかどうかは定かではない。
正気をほぼ失っているが、縄張りを守ろうとすることから一応の目的意識は持っているようだ。


・宿命元老院【組織】
本作の黒幕。
終盤の悲鳴の数より察するに4人の老人たちによって運営されている。
既に肉体は失っており精神体のみの存在となっている。


・自律アーティファクト【用語】
メイジが展開する自律行動を行う武器を指すと思われる。
破壊されても再展開が可能。
展開には相応の力量が必要らしく、ジャンキーリッパーなどの雑魚は展開できず、メイジとしての経験が浅いリヒトも使うことができない。
レイネが気を失っている状態でアーティファクトを展開しているのをブラウがイカれていると言っていることから、無意識下で展開することは相当常識外れのようだ。
また、レイネの台詞から普通人には見えず、メイジにだけ見えるようだ。


・†THANK YOU FOR PRAYING†【用語】
THANK YOU FOR PLAYINGの間違い?
NO AND NO。


・先進力【用語】
具体的に何を示すのか不明だが、これがあればツンツンしていた人間も惹かれてしまうほどのものらしい。


・前世【用語】
文字通りの前世。
メイジの発現には前世が関わっており、作中のメイジは概ね自分の前世を知っていると思われる。
なお、前世前世と言われておいて、作中において明確に前世が示唆されたのはリヒトだけである。
他の登場人物は匂わせる程度に留まっている。


・戦慄・旋律【用語】
双方同じように用いられる。
運命同様に独特の意味合いが込められており、一般的な意味合いとは異なる。
とりあえず、戦慄と言っておけば何とかなる。


タ行
・†【用語】
「†○○○○†」という表現が作中では頻用される。
引いては転生録における重要なパーツのひとつ。
また、「†††○○○†††」と使用に当たってその数は問わない。


・ダブルフェイト【用語】
DOUBLE FAIT(二重運命)。
レイネとレイラの境遇を指す。
ただの二重人格という意味合いではないと思われる。
当然、作中における具体的な示唆はない。


・DISTINI【台詞】
多分、運命のこと。


・デリートる【台詞】
デリートるという意味。


・途絶必至【台詞】
逃れられず死ぬ運命が非メイジでもわかってしまうほどの窮地を指す。


・突然の○○【台詞】
突然の稲妻、突然の騎士、突然のブレーキ音と作中では突然の○○という表現が頻用される。
本当に突然なので仕方がない。


ナ行
・NIGHT【用語】
エクスハティオが自分の力を指し示して使う言葉。
決してKNIGHTではない。
そして、騎士を名乗っておいてNIGHTNIGHTばかり言う。


・寝床【地名】
繁華街の中にあるリヒトの寝床。
リヒトは漫画喫茶で有り金を使い果たせるほどには手持ちが少ないので、おそらくは賃貸住宅の類ではないと推測される。
多分、公園か何か。


ハ行
・PERFECT DARK【台詞】
完全な暗闇を指す言葉。
言い出したのはもちろんエクスハティオ。


・徘徊者【用語】
作中で度々登場するが何を指すのかを説明されていない。
おそらくはメイジとその関係者を示すと思われる。


・敗走【用語】
目の前の相手から逃げる時に用いる。
一般的な敗走とは意味合いがやや異なり、作中世界では逃走とほぼ同じ意味で用いられる。
危険が迫れば敗走も辞さないのが徘徊者のルールとはリヒトの言。
だが、当の本人は敗走するメイジをやたらと叱責する。


・繁華街【地名】
リヒトが棲息している場所。
ここで寝泊まりしているようだ。
寝ているのは公園? ホームレス?


・人気の無い教会【地名】
ブラウとラドがレイネをかどわかした教会。
作中に何度か教会が出てくるが、ここと同じ場所なのかは不明。


・FAIT【用語】
英語では「捺印証書」という意味の単語。
フランス語では「事実・真実・現実」という意味である。
おそらくは後者の意味で使用されていると思われる。
決して「Fate」の誤用ではない。ないったらない。


・吹き溜まりの路地裏【地名】
ジャンキーリッパーたちが溜まっている場所。
ゲツヤが治めている。
彼らがパウダーを求めるようになったのはゲツヤが提供したからか、あるいは何らかの理由でパウターを得て狂った彼らをゲツヤが管理するようになったのか、どちらなのかはわからない。


・ヘウッグ【台詞】
ブラウが頻用する悲鳴。


・ヘルムガードJ【人物】
メイジ化学研究所を守る警備員。
JはJESTER(道化師)を意味する。
ヘルムの力でメイジと同質の力を手に入れた人間と推測される。
ほぼ全員が正気を失っており、また意識がある人間もヘルムには逆らえないらしい。
ヘルムが外れた時点で死に至るようなので、1度ヘルムを被ったが最後、2度とヘルムの束縛からは逃れられない。


マ行
・禍つ風のコンテナ港【地名】
ヱドロさんがリヒトを誘った場所。
どうしてリヒトを誘ったのか、直接レイネを狙わなかったのかは謎。
名の通ったメイジたちを一掃し力を誇示する狙いがあったのだろうか。


・魔哭の廃ビル街【地名】
宿命元老院の息がかかっているビル。
……らしいが、そこにいるのはブラウとラドである。
リヒトの気が狂いそうになるくらいのモンスターがいることから、宿命元老院が関わっているのはたしかのようだ。
ラドの「処刑場をあつらえた」との台詞から考えるに、リヒトが駆けつけた時点でブラウとラドがこのビルの制圧をほぼ終えていたと見るべきか。
なお、リヒトが来なければどうする気だったのかは不明。


・メイジ【設定】
「Mystic Aurapower Generating Evolseed」を示す単語。
魔法のような力を使える人間の総称。
メイジとなるかどうかは前世が関わっていると思われるが、その由縁は因果運命の果てで謎に包まれたままである。
そのため、メイジであれど前世がわからないリヒトは異質だと思われる。
勝手に因縁を付けられて襲われるくらいには。


・メイジ化学研究所【地名】
宿命元老院の傘下の研究所。
おそらく人工的にメイジを作り出そうとしており、その研究の成果がここを守るヘルムガードたちと思われる。


・メイジ闘争力【用語】
多分、戦闘力。


・迷夢のシャッター街【地名】
迷いメイジたちがたむろする場所。
フウマが統治している。
WIZの多くがフウマの手によって迷いメイジと化したようだ。
どうしてそんなことをしたのか、何をしたのかはやっぱり不明。


・MEGAMINOID【設定】
宿命元老院の作りし人造女神掌握機。
世界運命を滅ぼす力を持つ。