鉄血のオルフェンズ感想第16話

ソフィーのアトリエ、クリアした!
次はダクソ2!
ダクソ3までには一通り終わらせたいところ。


フミタン、失踪する!
クーデリアは探しに行って行方不明だ。
大人しく鉄華団の力を借りよう。家族だろうに。
いや、クーデリアも家族というのはアトラさん(さん付け)が言っていることなのだが。

フミタンはけっこうスパルタにクーデリアを育てていたようだ。
嫌いと言うだけのことはある。
それなりに地に足が着いているのはこの教育のおかげかも。
そして、貧民街にメイド服で出向く派手さをクーデリアは学んだのか?
漫画の忍者じゃないんだから少しは忍べ!

労働者たちのデモで緊張が続く。
そこについつい居合わせてしまうクーデリアだ。
クーデリアのことはマスコミさえ知らない。
いや、さすがに無知すぎないか?
すっかりレアモンスター扱いだ。
攻略wikiに画像くらい載せておこう。

ギャラルホルンによるデモの武力による鎮圧が行われる。
ボブカットのモブ(可愛い)が死ぬ!
クーデリアを狙った凶弾からかばってフミタンも死ぬ!
……マジかよ! 初の女性の犠牲者だよ!?
死ぬならあのおばさんでいいじゃん!(暴言)

何とか実は生きていたというオチにならないだろうか。
心臓が貫かれているから無理か?
仮面の人、ここで根性を見せろ!

次回は久し振りに戦闘だ。
ついに敵側のガンダムが出てくるし、昭弘は痩せたグシオンに乗るし、ガンダムVSガンダムの始まりだ。
グシオンって細かったのか……ヴァーチェかな?

しかし、何故に細くしたのだろう。
わりとグシオンのまん丸なボディは好きだったのに……
プラモの売れ行きを気にする鉄華団なのであったとさ。