刃牙道感想 第131話「命の両断」

本部の腕が斬られた!
腕に致命的なダメージを負う格闘家は多い。
切断された独歩に骨だけになった克巳……
どちらも人気キャラである。
つまり、今の本部は人気キャラ!


さて、時は武蔵が生きていた時代に遡る。
武蔵は熊本城の城主、細川忠利に招かれていた。
何の用かと言うと関の刀匠に作られた見事な兜の試し斬りである。
人が兜を被っているけど。

いやいやいや、兜だけで試し斬りしましょうよ。
被ると万が一があるじゃないですか。
木剣も刀もへし折るほどの強度を誇るらしいが、伝説の剣豪に試し斬りさせるとかヤバいでしょうに。

なので、兜を被っている男も冷や汗を流す。
だが、主君の命令は絶対。
死ねと言われれば死なねばならぬのが当時の習わしだ。
でも、こんな修羅場に身を置くことを要求されるのはちょっと……

「「命」の両断」「それなら造作もない」

兜を一刀両断することは難しくとも、殺すことは容易いというのが武蔵の見立てだった。
鋼も斬れるのが武蔵というのが本部の見立てだが、存外そうでもないようだ。
あの野郎、余計な情報で烈を惑わしやがって。
マシンガンを使えと言った当の本人はマシンガンをいつ使うんですか?

武蔵は一刀両断……はできなかったが、兜は割れる。
そして、男は頭が割れて死ぬ。
さらに首が胴体にめり込むおまけ付きだ。
って、死んじゃった!?
悲しい生涯であった。
家には守るべき家族があっただろうに……

こんな時に一切の手心を加えずにあっさりと殺すのが武蔵の価値観を物語っている。
殺す=昇進なのだからどんどんと殺しているのだろう。
でも、あまりやりすぎれば名声以上の恐怖が付き纏うような……
当時は現代以上に強さが絶対的な価値観だったのか?

さて、そんな武蔵の斬撃が本部の腕に決まればどうなるか。
本部の腕が不自然に垂れ落ちる。
一撃で折れた!
血は出ていないから切断はしていないのだろうか。
でも、斬った武蔵曰く、皮一枚で繋がっているレベルのようだ。

ここで弟子のガイアは戦慄する。
例え防弾チョッキで守護っていても、ツルハシを打ち付けられればそれは命に届く!
そう、具足で守っていても刀を防ぎきれるわけではないのだ。
説得力溢れる光景ですな。

「お忘れではありませんか本部先生!!! 相手は「刀」を手にした暴漢ではありません!!!」

でも、この台詞はどうかと思う。
これって本部に油断があったと言っているようなもんじゃないですか。
いや、腹を斬られたのは完全な油断だったけど。
本部は勇次郎の腕を取った時、金竜山の小指を取った時、そして、武蔵を思いきり殴った時。
勝機を掴んだと思った瞬間が敗北への道となっている。
如何に武装して300点になれど基本的な性質は本部であった。

これで本部は左手が使い物にならなくなった。
だが、片腕で使える武術など星の数ほどあるわ!
右手で懐から手裏剣を取り出す!
その瞬間に脚を斬られた!

斬られた本部は当然立っていられなくなり、地面にへたり込む。
左手と両脚が斬られた。
本部とはいえ実に悲惨な光景である。
勝負ありだ。

だが、斬殺を躊躇しないというか、斬殺大好きなのが武蔵である。
さらに本部の肩に袈裟斬りだ。
アラミド繊維+鎖帷子の重装備なので切断には至らない。
至らないがかつて勇次郎が手刀で天内を破壊した時のように金重がめりこむ。
これには本部、死人のような目になる。

「勝負ありだァッッ」
「止めろォォォッッッ」


本部の絶対的な危機を前に刃牙が叫んだ!
おお、何か普通に熱血漢っぽいな。
そして、主人公っぽい。
最近の刃牙のこういうところは好感が持てる。
烈の時には叫ばなかったけど、あの時は立ち合いの結果に死があるとは思っていなかったということでひとつ。

だが、今回は烈の経験から武蔵との立ち合いは死に至ることを知っている。
だから、叫ばずにはいられなかったのだろう。
なのに、ピクルには無闇な信頼というかノープランな信頼を向けていたけど、それはそれということで。

ともあれ、良かったな、本部。
刃牙に本気で心配してもらえたぞ。
死んでも悔いはあるまい……

「バカヤロウ…」
「それじゃよぉ…守護しゅごれねェだろが…」


まだ守護しゅごる気か、本部!?
いや、さすがに無理だろう。
左腕と両脚は斬られたし、残った右腕も右肩を袈裟斬りにされたのだから動かなくなっているだろう。
四肢は完全に死ねば戦うこともできない。

それともまだ逆転の策があるのか?
ここに来て守護の概念を改めて説明するか?
本部以蔵、51歳。
灼熱の時――
……悲しいかな、本部だからこうなるのは必然に思えてしまう。
次回へ続く。


本部、死す!
いや、なかなか死なないのが本部だ。
まだ平気だったりするのか?
それにしてもこんな武蔵の斬撃を生身で受けて生きていたピクルって凄かったんだな、ホント……
桁違いのタフネスは健在であった。

逆転の策はなさそうだがどうする気なのだろうか。
生気はないけど本部は笑っているから可能性はある……のだろうか。
綺麗な顔してるだろ。
嘘みたいだろ。
死んでるんだぜ、それで……
そうなってもどこもおかしくはないのだが。

あるいは斬られたのも計算のうちなのかも。
あの本部が油断して斬られるなんて大失態を犯すわけがない。
これは策なのだ!

なので、ターンエックスのように分離して本部は逆転するかも。
本部ならやる!
それくらいやる!
貴様たちの整備のおかげで使いやすくしてくれてありがとう!
……分離合体くらいしないとこの状況から逆転は無理かなー。
金重を折れば英雄になれるし守護った判定を出しても良かろうて。