鉄血のオルフェンズ感想第35話

マップ描きたい……
というわけでガンダム感想。


鉄華団が見つけた謎の機体をギャラルホルンに訪ねる。
その正体はモビルアーマー。
厄災戦の時に相当な悪さをした相当な大物らしい。
モビルアーマーと言えばザクレロとかその辺のイメージなのに妙に曰く付きである。
いや、ラフレシアみたいな名実共に厄介な代物も多いけど、面白い代物も同じくらいあるし……

鉄華団の給料は増えたようだ。
成長すれば給料が増える。
まるでホワイト企業だぁ……
やっぱり、やる気を出させるには理想よりも報酬が一番ということだな。

だが、三日月を初めとする何人かは金の使い道を知らないので給料をクーデリアに預けている。
そのことを嘆くのであった。
たしかにそれなら風俗に金をかけたシノとかの方がまだ健全だな……
急成長する鉄華団であったが歪みは確実にあるのだった。

モビルアーマーはパイロット不要の自律兵器だった。
その起動条件はモビルスーツのようだ。
だから、マクギリスはモビルアーマーの視察にモビルスーツなしで向かう。
そこをイオクたちに突かれてしまう。
これはちょっと情報が漏れすぎだな。
マクギリスも完璧ではないらしい。
やっぱり、味方?になってしまったからか?
古来より味方になったライバルは弱くなるし……

その時に眠っていたモビルアーマーが動き出す。
発掘されてすぐに動き出すなんて凄まじい堅牢性である。
まぁ、眠っていた兵器が何かの拍子に動き出さないわけがないからな!
ガンダムはもちろんモビルスーツなしで鉄華団はどうこの窮地を切り抜けるのか。
まぁ、しばらくはイオク様がやられてくれるから何とかなるか……