ロードライト・フェイスプレイ記-その5ハード魔術師編-

プレイ記を書きながら制作作業をしている私だ。
さすがに今年は出せませんが。
なお、古来より伝わる格闘技、スモウの設定を書いていた。
最低20kbくらいは書きたいところだ。
あ、拍手レスはプレイ記が終わったら行います。

140731-01

さて、今回は魔術師でプレイしていくぞ。
魔術師の名前通りに魔力武器を得意とするクラスだ。
魔力は攻撃のみならず補助にも使えることから汎用性の高い能力だ。
その魔力が高いのは大きな強みである。
ただし、LPは低めとやや安定感に欠けるのが弱点か。

140731-02

魔力武器は属性が設定されていることが多いのが特徴だ。
このように序盤から大ダメージを与えられる。
固定ダメージが設定されているため、相手を選ばないのも強みである。
ただし、クリティカルが出ないので爆発力には劣る。
また、耐性がある相手にはダメージがちっとも出なくなる。使用回数も多いわけではない。
相手に対応した魔力武器を確保していくかが鍵となるだろう。

140731-03

だというのに1個も魔力武器が出ずにエリア3を迎えた。
おい、どういうことだ!
聞いてねーぞ、チクショウが!

140731-04

この窮地に手に入ったのがこれ!
――アーマー!
ふざけるなァ!!

140731-05

あっ。

140731-06

さて、月日は流れる。
また、魔力武器が1個も出ない。
本当に1個も出ない。

140731-07

そして、この窮地である。
ロングソードもレイピアもダメージが通らん。

だが、安心めされい。
2回クリティカルが出れば勝てる。
12%を2回だぞ、たった2回。それも猶予は8回だ。
出ない方がおかしい。
勝てない方がおかしい!

140731-08

あっ。

140731-09

如何にRLFのプロと言えど魔力武器が1個も出ないという事態になれば勝てぬ。
まぁ、プロは全ての事態を想定しているが故に1度も死ぬことはないのだがね。
そんなわけでやっと魔力武器が出たぞ。
一番弱いヴァーミリオンだが文句は言っていられない。
弱Pだって使い方次第なのだ。

140731-10

その後、ちっともさっぱり魔力武器が出ない。
あまりの出なさにバトルアクスを振るうことになるおにいさまである。
凄いですわ、おにいさま。さすがですわ、おにいさま。
筋力武器の流れが来ていると見て地味に筋力を上げている。
持っていない得意武器より持っている苦手武器だ。

140731-11

強力武器、ディフェンダーも入手してとりあえず安泰だ。
……これ、魔術師だよな。
何で魔力武器以外を頼みにしなければならない。
しかも、一番能力値が低いはずの筋力武器を……

140731-12

相変わらずちっとも出ない魔力武器である。
仕方ないので少しでも火力をブーストするため、グリモワールを購入。
今後、魔力武器を取得できればけっこうなプラスになるはずだ。

140731-13

が、ダメ!
武器さえまともに手に入らん。
窮地に次ぐ窮地である。
これにはプロである私も苦笑い。

140731-14

ここで助け船だ。
それはミスリルソード!
――っていい加減にしろ! 魔力武器が欲しいんだよ!
仕方ないのでミスリルソードを買う。
本当に仕方ないので買う。
魔術師はLPが低いため、買い物もけっこうな命がけだ。

140731-15

バトルアクスも手に入って少し潤ったぞ。
もちろん、私が欲しいのは魔力武器だがね。
こうなれば仕方がないと筋力をそれなりに上げている。
ここで私が狙うべき戦術はブレスによって筋力をバフって圧殺する力こそパワー作戦だ。
うむ、これならラスボスを倒すのに十分な火力を確保できる。
なお、ブレスが出てくることはなかったという。

140731-16

あんまりに魔力武器が出てこない。
なので、能力を上げていない敏捷武器も使うことになってしまった。
魔術師なのに魔術以外を用いている生き残っている。
頼むから普通に魔術師してくれ。

140731-17

グリモワールを砕いて最後の一撃ヴァーミリオンでボスを潜り抜けようとする。
さすがにヴァーミリオンでは火力が足りない。
かといって得意でもない筋力武器ではなかなかダメージが出ない。
死にかけながらも勝利する。
ギリギリもギリギリである。

140731-18

エリア5開始時の惨状である。
どないせえと。
いや、ここで強力な魔力武器が手に入れば……あるいは……

140731-19

ここで手に入るのがフェザーブーツって悪い意味ですげえな、俺!

140731-20

絶望するのだがここでついにやっと2個目の魔力武器ゲットだ!
長かった……本当に長かった……
これを決戦兵器にしたいところだ。
したいところだが、使用回数5回というのは些か不安である。
できればもう1個は確保したい。
そもそもこのペースだとボスまでに温存できるかも怪しい。

140731-21

ここで盗賊の羽ゲット!
渡りに船とはこのことである。
そんなわけで雑魚はもう全無視でボスに使用回数を温存することにする。
正直、足りるとは思えないけどな!

140731-22

さらにエリクサーが店頭に並ぶ。
これでエリア5開始直後に買ったものと合わせて2個目である。
既に雑魚戦で2回使用しているので、合計4回分LPを回復できる。
そうでもしなければ勝てる気がしない。
あとは使用回数が持てばラスボスに勝てる……
ブラックトリガーを買うかどうかは悩んだが、敏捷を育てていなかったため、消費したLPを補えないと踏んで諦める。

140731-23

そして、ラスボス前でやっとついに3個目の魔力武器を取得!
中ボスでサブ武器を使い果たして、それでも倒しきれずウィスタリアを使った。
これが出なければ確実に火力不足で負けていた。
勝つる!
あと盗賊の羽を使い切って信仰を稼いでおけよ。

140731-24

今までのプレイでは十分な火力を確保、ラスボスを圧殺していた。
だが、今回は最後の最後でやっと火力が揃うという有様だったので、火力が不足しており真っ正面から殴り合うことになってしまう。
このためにエリクサーを確保していたものの、どんどんとLPが減らされていく苦しい戦いとなった。
辛勝!

140731-25

これっぽっちも余裕なし。
まだ持ちそうだがラスボスの火力が上がっていって危なかった。
実に薄氷の勝利であった。

今回はあまりにも魔力武器の供給が寒くてちっとも魔術師のメリットを活かせなかった。
それでも工夫次第でクリアはできるのだ。
最後、スノーホワイトを拾わなければ工夫もクソもなく殺されていたところだが。
こちらの考えた戦術がこれっぽっちも機能しない苦しいプレイだった。
もっともプロの私は2回の死を乗り越え1度も死なずにクリアしたがね。
これがプロというモノだよ。
プレイリザルトはこちら
次回へ続く。










「ロードライト・フェイスプレイ記-その5ハード魔術師編-」への3件のフィードバック

コメントは受け付けていません。