鉄血のオルフェンズ感想第22話

ダクソ2、DLCエリアまで来た。
何かフロムの得意技はだだっ広いエリアにデカいMOBを置くことだと再認識した。
それはあまり面白くないのでダクソ3では勘弁していただきたい。
次回へ続く。


カルタは生き残ったがビスケットは死んだ。
あれで生きていたのか、アンタ。
平安時代の人間はタフだな。
そして、本当に死んだビスケットだった……

マクギリスはカルタは死ねば良かった発言をする。
この男、ひでえ!
平安時代の人だけどアンタに惚れているんだぞ!
呪いの仮面を被ると残虐になる特殊効果でもあるのだろうか。
まるで初期の頃のウォーズマンだよ。
……残虐の方向性がちと違うか。

そんなマクギリスはアインに阿頼耶識に加えて新たなガンダムを載せようとしているようだ。
最近のガンダムらしいガンダムVSガンダムになりつつある。
しかし、阿頼耶識推しだがその効果って作中だとあるようなないようなだ。
阿頼耶識なしで頑張る人も多いから効果を疑ってしまう。
数の不利を毎回覆しているし、MS戦の経験がほとんどないシノでさえそれなりにいい活躍をしているから効果はデカいには違いないのだが。

ビスケットが死んでオルガは塞ぎ込んでいる。
対してクーデリアはガンガンと行動する。
フミタンの死を越えた以上は並大抵のことでは動じなくなっているようだ。
悲しいが誰よりも早く覚悟完了したのはクーデリアか。

オルガも三日月の言葉で立ち直る。
何かヤケになった感もするが立ち直ればそれで良しだ。
そんなオルガにクーデリアはルートの提案をする。
アンタがかよ。
すっかり鉄華団を動かす立場になりやがって……
鉄華団の指導者はクーデリア、現場監督はオルガか。
……オルガ、立ち位置が中間管理職だなー。