鉄血のオルフェンズ感想第24話

そろそろEXVSの家庭版新作が欲しい。
FORCEなど知らん。
というわけで今回のガンダム。


鉄華団とギャラルホルンの抗争が始まっていたようだ。
おかげでメンバーが負傷ばかりしている。
そりゃパイロットだけが戦っているわけじゃないですからな。

鉄華団は特攻じみた戦術を得意とするし、負傷がかさむのは仕方ない。
仕方ないのだが負傷した人員を絵として見せられるのはキツい。
今までのガンダムで傷付くのはパイロットくらいだったからなー。
それ以外はダメージを受ける時は死ぬ時だった。
……そう考えると負傷で済むだけでマシなのかも。

ギャラルホルンとの抗争を制するために鉄華団全員の命を賭ける風潮になっていく。
これにはメリビットは引く。
この人、印象薄いけど印象薄い理由は常識を持った常識人だったからか。
クーデリアはこれを止めない辺り、本気で覚悟完了している。
変わったな、クーデリア……

今回のMS戦も奇襲だ。
そこで見えるのがバルバトスとキマリスだ。
……ガエリオの台詞からどうやらカルタはマジ逝ったようだ。
南無阿弥陀仏。
トップクラスに死にそうになかった気がしたのだが……

こんな戦況についに阿頼耶識搭載型アインが戦場に立つ。
ガ、ガンダムじゃねえ!
やっぱり、これ、グレイズだ! 格好いいけど、グレイズだ!
機体が凄いのか、阿頼耶識が凄いのか、あっという間に3人抜きだ。
あ、一番エロいラフタが生死不明だけどやられた……
何か終盤だからか、毎回人が死ぬようで心臓に悪いな。

生まれ変わったアインはやたらとハイだ。
生身のクーデリアを遠慮なく殺そうとするくらいにはハイだ。
これ、阿頼耶識じゃなく不味いクスリを打ったんじゃなかろうか……

その凶刃を止めるのが三日月だ!
すげぇよ、ミカは……
こりゃクーデリアもアトラもオルガも惚れますわ。

ともあれ、これで阿頼耶識搭載者同士のガチバトルの開戦だ。
しかし、阿頼耶識って味方にいるとそうでもないけど、敵にいると厄介極まりないな。
よくある味方になると弱いの逆パターンだ。
あとマクギリスにMSで邪魔されたガエリオに冥福を。
鉄華団も悲惨だけどアンタが一番悲惨だよ……