(ダ)クソ3感想

ダクソ3を数ヶ月やった感想をば。
まぁ、最初の1ヶ月以降は大分プレイ頻度が落ちたけど。
前に書いたクソ3への愚痴と内容が被るかも。


まず、ダクソ3は最初の評価は高かった。
悪名高きクソ2と違ってどのマップも作り込まれているし、複数のモブを設置する数の暴力も減った。
なので、1周目はお世辞抜きで楽しかった。

が、複数プレイするとどんどんと粗が見えてくる。
マップは作り込まれているようで、対戦をする上では広すぎてグダりやすい。
ゲーム開始からホストの捜索に長い時間を要することが多い。
また、広さのわりにモブの密度が低く冗長になりやすい。
さらに基本一方通行で裏取りができない構造になっているので、攻略はともかく対戦をする上ではマンネリ化しやすく面白みがない。
結果、マップの評価はクソ2と大差ないレベルに落ち着いた。
いや、クソ2はマップの構造がそもそもおかしかったりするけど。

モブも数の暴力はないが、超反応・超火力・ディレイなどで難度を上げており、結局理不尽という印象は拭えないことに気付く。
難度は高いのは構わないし、それを売りにしているシリーズだけど、難度の方向性は考えていただきたい。
ブラボは難しかったけど素直にやりがいを感じるものになっていたのに……

また、攻略においては直剣の扱いやすさが群を抜いており、他の武器を使うのが馬鹿馬鹿しくなる作りになっているのも面白くない。
大剣で2回斬ったら反撃を食らうのはどういうことなんだ。
総じて攻略の幅がどうも狭いゲームになってしまった。

結果、一人用として攻略するゲームとしての評価は大分低くなった。
クソ2と比べると若干マシ……
いや、でも、クソ2は(面白いかどうかはさておき)新しいことをいろいろやっていて、プレイしていて新鮮味があった。
全体的な評価にも被るけど、クソ3はまとまっているけど面白みがあまりないから印象的にはクソ2よりも悪いかも……?
ついでにダークソウルシリーズの略し方は1がダクソ1、2と3がクソ2・クソ3と呼んでいる。
クソだよ、クソ!

対戦に関しては一人用としてよりも低い。
クソ2はクソ3発売1ヶ月くらい前にやったのでロクにできなかったから除外すればシリーズ最低の評価になる。
侵入側が徹底的に不利になるように作っているのも面白くないが、その上でやれることに差が出るように作っているのがさらに面白くない。

ホスト側と比べた時に数の不利が出るのは仕方がないとして。
その数の不利が圧倒的な差になっているけど仕方がないとして。
ホスト側は様々なことをできるのに、侵入側にしかできないことはモブを使えることだけ。
そのモブ利用さえもホスト側がその気になれば侵入側の敵になり何も残されていない。
このゲーム、クッソつまんねえ(真顔)

不利なのはまぁいいけど、侵入側ならではの要素、楽しみ方がシステム的にまったくと言ってもいいほど用意されていない。
モブもデモンズみたいに移動させることができないので、モブ利用もただモブのいるところに突っ立って待つことしかできない。
ホスト側がガン待ちしていたら大人しく諦めよう!
このゲーム、クッソつまんねえ(2回目)

結果、複数戦は上手いから勝つというよりも、運が良かったから勝てる、ホスト側が露骨なミスをしたから勝てるという釈然としない構図になる。
初期の時点でそうだったのにアップデートでワンチャン武器が弱体化したり、シューティングが強くなったりと、どんどんとホスト様に有利な条件が増えていく。
このゲーム、クッソつまんねえ(3回目)

事故で勝てることはたしかにあるけれど、結局は事故だし前述したように達成感がない勝利となる。
エンドコンテンツであるはずの対戦のバランスが狂っているのは大変良くないと思うのだけど。
デモンズもダクソ1も末期まで多くのユーザーがいたのは対戦が面白かったからであり、それはホスト側と侵入側のバランスが取れていたからだったのに……
というか、デモンズやダクソ1でさえホスト側有利のバランスが保たれていたのに、クソ3でさらにホスト側有利にした判断が小生には理解できませぬ。
思うに侵入ではなく接待に名称を変更すればいいのではないでしょうか。
なお、小生は接待プレイなんてしたくありません。

結局、クソ3は小生の中では極めて評価が低いゲームになった。
ブラボは手放しに褒められるとは言わないけれど、それでも凄く面白かったのになぁ……
やっぱり、フロム単体でソウルシリーズを作るとロクなことにならないな!
SONYを絡ませよう!