シンフォギア第3期発表間近!






デエエエエエエエエエエエエエエエエエスッ!!


そんなわけでニコ生一挙生放送&ついに第3期の情報が解禁される!
第2期のみならず第1期まで生放送とは豪勢である。
本放送はもちろんBlu-rayでも堪能した適合者はニコニコのコメントと一緒に振り返るのも一興。
まだ聖遺物の破片を心臓に受け取っていないヒヨコも今すぐ戦場へ走って生きるのを諦めるな!

第2期の時は第1期一挙生放送に合わせて情報が公開された。
同じように第3期の情報が公開されるだろう。
時期的に考えて2015年夏放映だろうか。
シンフォギア第3期がこの夏を暑くする。

既出の第3期の最大の情報は「味方の新キャラを用意しない」と金子のおっさんが民主主義を見事粉砕したことである。
自重する気なし。
今のおっさんはジャスコでショートカットの女の子に告白して粉砕される覚悟だ!
第1期や第2期の描写からいろいろと推測できることはあるけどその辺は第3期の情報公開と合わせてやりたい。

また、生放送に伴ってプレゼント企画ありだ。
1話ごとにキーワードを発表、全26話の26文字を集めて応募するとキャラクターデザインの藤本さとる氏を初めとしたデザイン関係スタッフのサイン色紙をもらえるぞ!
これは嬉しい。
惜しい点がたったひとつあるとすれば、ラクウェル金子の名前が並んでいないことかな……
あの人、スタッフ本でキリシラ金子をやるくらいにノリノリもノリノリだったしやればいいのに。

この26文字に第3期の情報が込められていると期待してしまうのが人間というものである。
タイトルだったりするのだろうか。
「せんきぜっしょうシンフォギア」で14文字だ。
あと12文字……
続編のサブタイトルがやたらカッコイイことで知られる金子のおっさんなので、無闇に熱いサブタイトルに期待したい。
「シンフォギアG」はシンプルでそれはそれで良かったけど、往年のファンとしては「セカンドイグニッション」や「アドヴァンスドサード」とかにも期待したいわけですよ。

さて、一挙生放送と言うことでせっかくなので第1期と第2話の各話を振り返りたい。
人に歴史あり。シンフォギアにも歴史あり。切歌には黒歴史あり。

・第1期第1話
記念すべきシンフォギア第1話である。
シンフォギアのウリである歌いながら戦うを早速やって、二転三転する超速展開は第1話からである。
これにはさすがに鍛えられた金子信者以外は戸惑った人が多かったようで。
今では考えられないことである。
第1話にして神回。


・第1期第2話
響が変身して戦う! ……けど、この頃はしょっぼい。
女の子が変身していきなり戦えるわけがないのだ。
修行しないと。オモシロ修行をな。

世界観の説明が中心で今思うとやや大人しい話だ。
だが、翼が防人語の片鱗を感じさせたりと波乱を感じさせる。
ここからWAネタがちらほら出始めて、往来の金子信者は狂喜したという。
第1話に引き続き神回。


・第1期第3話
炸裂する防人語に司令のメガトンパンチと爆笑要素に事欠かせない。
とりあえず、腹筋を破壊するのが金子流よ。
第3話はとにかくネタアニメとしての印象が強くなった話であると思う。
同時にクリス初登場で波乱を感じさせる。(2回目)
そんな中で響の戦闘シーンをあえて素人臭く書くなど細かい作り込みも伺える。
爆笑したので神回。


・第1期第4話
初の強敵! TAIMAN BATTLE! クリスの黒歴史!
絶唱による血涙のインパクトが強いが、私的にはここから「歌いながら戦う」ことの格好良さが出てきたと思う。
ネフシュタンの鎧との因縁を振り返りつつ「絶唱・天羽々斬」を歌いアームドギアを構えるシーンは惚れ惚れするくらいに格好良い。
その直後に「戦場で何を莫迦なことをッ!」で笑いを誘うのですがね。

翼の血涙はもちろんだが響の心も大きく動いた話だった。
クリスも出てきたことでひとつのターニングポイントである。
血涙したので神回。


・第1期第5話
とにかく響の大立ち回り。これに尽きる。
第4話で「歌いながら戦うって格好良いんじゃないか?」と思わせて、第5話で「歌いながら戦うのは格好良いッ!」と決定付けた。
これまでの溜めもあってシンフォギアの目指す方向性が具現化したと言えよう。
ヒールが邪魔なので神回。


・第1期第6話
翼が響を理解した。
ここまで面倒臭い面倒臭いと言われ続けてきたのが今では懐かしい。
まぁ、第2期でも面倒臭い一面を度々見せたわけですがね。
たった3ヶ月で人が変わることができれば楽なものよ。

また、ここで新曲「私ト云ウ 音響キ ソノ先ニ」が披露された。
響の心境の変化が表れているわけだけど、ストーリー的に考えれば第8話初披露でも良かったかも。
お好み焼きが美味しそうなので神回。


・第1期第7話
クリスのイチイバル披露で盛り上げ、伝説の「盾……?」「剣だッ!」で爆笑させ、響と未来が喧嘩して慌てさせると怒濤の展開だ。
ストーリーも盛り上がる一方だ。
ところで微妙な距離感で悩む響と未来の話を金子のおっさんはどんな顔をして書いているんだろね?
神回……? 神回だッ!


・第1期第8話
WA時代から感動させてくれた金子のおっさん伝統の独白回である。
WAXFから足かけ5年。再びこの場面を見ることができて感動に震えたとか。
というか、泣いた。
金子のおっさんはこんなことができるくせに、弦十郎で笑わせにくるのがズルい。
神回なんだッ!


・第1期第9話
響の次は翼回である。
防人ではなくアーティストとして、一人の少女としての翼の一面を見ることができた。
あと水樹奈々が演歌を歌った。あのやりやがった感は半端ない。
言うまでもなく神回。


・第1期第10話
翼の次はクリス回である。
ここで印象的なのは金子のおっさんが自分の会社を立ち上げた理由を語ったことですね。
大人だから夢を見るの下りは絶対に自分目線だよ……そうだよ……
あと衝撃は発勁でかき消して笑いを誘った。
あれ? 何でクリス回なのにおっさんの印象の方が強いんだ?
大人だから神回。


・第1期第11話
怒濤のラストダンジョン3部作、始まるよー!
ついにフィーネさんとの戦いが始まり、クリスが絶唱して死んだりと大事件があった。
でも、一番印象に残ってるのは弦十郎がフィーネさんを圧倒したことなのですがね。
マジパネエ。
飯食って映画見て寝たので神回。


・第1期第12話
シ・ン・フォ・ギィィッ――ヴウゥワアアアアアアアアアアアアアアアアアッ!!!!
絶対神回。


・第1期第13話
ついに最終決戦!
何から何まで濃密な展開である。
感動と爆笑が揃った最終回に相応しい話だった。
最後まで笑わせるのが金子流。
最終神回。


・第2期第1話
これぞシンフォギアの新作!
実に見事な第1話であった。
成長した響たちに胸を高鳴らせ、立ちはだかる強大な敵にも胸を高鳴らせる。
……まぁ、マリアさんは、第1話が全盛期と言われてしまうわけですがね。
全盛期回。


・第2期第2話
第1話のテンションをそのままに第2話である。
初にして最後の3on3に盛り上がる。
って、3on3はこれが最後でしたー! やだー!
あと切歌がこれっぽっちも常識人じゃなかった。
デス回。


・第2期第3話
クリスの制服披露だ。
ばぁん!をやったりとにかくクリスの魅力が詰め込まれている。
あとシンフォギア必須のシャワー回でした(棒読み)
クリスちゃん可愛い回。


・第2期第4話
マリアさんが格好良かった。これに尽きる。
「烈槍・ガングニール」はもちろんのこと、装者最強の翼に一歩も退かずに渡り合った。
ヤバい格好良かった。
まぁ、手負いの翼に拮抗、あっさりとLiNKERを漏らすとオチを着けるのだが。
あとクリスちゃん可愛い回。

・第2期第5話
響の腕がぁー! ぎにゃー!
放送当時はもうハワワワワアワワワワワワと大混乱である。
なお、次の話であっさりと生えた回。

・第2期第6話
オーバー響ブレイザーが出てきました。
普通の適合者になったので第3期では暴走状態を見られないのだろうか。
あと翼さんが面倒臭い病をまた発症させた回。


・第2期第7話
デース!? まさか切歌がフィーネの後継者だったデース!
ビックリデース!
これは調との想い出を作るために何としても世界を守らないとデース!
調に嫌われてでも守るデース!
デースデースデエエエエエエエエエエス!
ウィル博士の顔芸が面白かった回。


・第2期第8話
マリアさんがヘリを運転した!
おかげでヘリ運転手の二つ名をいただくのであった。
まぁ、設定で絶技と言われるほどの操作技術を持っているし仕方ないね。
二課とF.I.S.の内情の不安定さに焦点を当てた話だった。
第2期はこうした話が多い。
未来さん死亡回。


・第2期第9話
死んだと思った未来があっさりと生きていた。
もっとも一安心させてラストで口が塞がらなくなるのだが。
ここも溜め回なのだが英雄故事で爆笑させるなど油断できぬ。
ハンチモー回。


・第2期第10話
響VS未来?
金子のおっさんVS民主主義だ!
溜めに溜めた鬱憤を晴らすかのような全編バトル回である。
未来を戦場に立たせないと漢の誓いを立てたおっさんだが、民主主義に負けて装者にすることになった。
だが、立たせるのなら徹底して盛り上げるという漢らしさを見せた。
第2期最大の盛り上がりどころと言えよう。
でも、忍者で笑わせるのはズルい回。


・第2期第11話
怒濤のラストダンジョン3部作、始まるよー!(2回目)
翼VSクリス、調VS切歌と仲の良い者同士が戦う。
敵と戦うだけではなく、味方と戦うのが第2期である。
さすが金子のおっさんはチームマイノリティ。
ノイズさんほのぼの回。


・第2期第12話
とにかく歌の力が強い話だ。
「Edge Works of Goddess ZABABA」に復活の「絶刀・天羽々斬」と歌でテンションが鰻登りだ。
そして、マリアさんがずんどこずんどこ凹んでいく。
マリアさんがFXで有り金全て溶かした人の顔になった回。


・第2期第13話
異質な展開の目立った第2期だが最後はみんなの力を合わせて大逆転の王道展開だ。
そして、マリアさんがついに復活!
この株の爆上がりはとんでもなかった。
全てを失ってからのマリアさんの輝きは本物だ。
飼いたい。
じゃけん第3期も株価をどんどん下げて行きましょうねー。
シンフォギアは全部神回。


そんなわけで第3期も楽しみである。
今の金子のおっさんは日和らないぞ!
全部自分でやってとんでもないことにするぞ!